FX投資

FXのダウ理論とは

FXのダウ理論とは
FX動画

FXで勝つための必須勉強項目「ダウ理論」について紹介

・先行期 :
市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、
いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

・追随期 :
市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

・利食い期:
価格が充分に上昇したところを見て、
いつ決済しようかタイミングを計っている
価格は既にその前から上昇局面にあるものの、
その上昇する値幅は小さくなっている。

※wiki参照

3、1・2にて先に投資家たちがポジションをいつ決済しようかタイミングを計っているところ しかもトレンドが出来上がっているタイミングで素人が入ってきて死んでいくことろ
を記載しています。

<平均は相互に確認されなければならない>

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら
明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。
もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、
直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、
且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

※wiki参照

これの真意としては
ダウが仕事をしていた時代のアメリカでは、工業生産が盛んになり、
そして製品を輸送するための鉄道が整備された時期でした。
そのため、工業生産の好調=それを運送する鉄道業の経営に影響したことから、
ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』では FXのダウ理論とは
ダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で
掲載していた背景があります。

<トレンドは出来高でも確認されなければならない>

市場の終値の変動をダウは重視するが、
同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には
出来高が減少、下降局面においては逆になる。

※wiki参照

主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、
二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、
それが出来高の多少に反映するとする。

※FXにおいて出来高判断をするのはちょっと現状と異なりますが、
代わりにオシレーターなどである程度の確認をとることもできますね
現在起きているトレンドに対して、同様にオシレーターなどでも確認ができることが、
より確定的なトレンドとみなせる

<トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する>

現在の市場で発現しているトレンドは、
明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。
トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、
トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

※wiki参照

※トレンドは基本的に崩れない限り継続します
これがテクニカル分析としてとても重要です。
高値更新 安値切り上げの上昇ダウをきっちりチャートの中で
見えることが本当に重要です。

そして少し細かいですが
各時間足でトレンドの高値、安値を見ていく練習をしたほうがいいです
これが出来ないと正直トレンドフォローは厳しいです
今見ている高値がほかの時間足(特に上位足)での高値として認識されるのか?
がトレードにおいてとても重要なポイントになりますので

図は4時間足でのチャートで上昇・下降ダウの高値・安値に線を引いてます
赤のラインは4時間足でも高値・安値ですが、これは日足の上昇ダウの高値・安値です
緑のラインは4時間足での高値・安値です

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

【ダウ理論】押し安値・戻り高値を客観的に見つけるたった一つの方法

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .FXのダウ理論とは

【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。 2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ .

【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / FXのダウ理論とは 円の過去50年の歴史を振り返る
仮想通貨の冬はどれほど長いのか?

こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い .

チャートに”N”FXのダウ理論とは を探せ!

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 .

【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

MACDのゴールデンクロスだけでも勝てることを30年のデータを使って証明してみた

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、データを使って検証した結果について共有していきたいと思います。 取引 .

【波動の見極め方のコツ】推進波と調整波の比率 〜縦軸だけでなく横軸にも着目しよう〜
【メンタルも安定】寝る前には必ず損切りを設定しよう
FXのハイレバに関する3つの誤解
【トレーダー必見!】チャート分析ツールTradingviewでアフィリエイトをする方法
ウォールストリート・チートシート(Wall Street Cheat Sheet)から市場参加者の心理を意識しよう
【脱チャートパターン】アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルの市場心理

2022年6月13日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/67661658/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレー .

2022年6月6日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/67327962/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレード .

ユーロ円のロングです。 教科書に出てくるような綺麗な動きを見せたのでわかりやすかった形だったのではと思います。 「持ち合い放れにつけ」の相場格言通りのトレードです。 リアルトレード解説は「チャートリーディングスキル養成メンバーシップ」会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけます。 記事リンク https://www.patreon.com/posts/ .

ドル円のショートの解説です。 4時間足下降3波に該当するトレードですので、何度も登場しているパターンですが、今回のポイントは、利益確定です。 "もう下がらない"と考えて全決済したわけですが、なぜもう下がらないと考えたのかその理由をお伝えします。 リアルトレード解説は「チャートリーディングスキル養成メンバーシップ」会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけま .

【チャート解説】ダウ理論とは?稼ぐ手法や使い方まで簡単にわかりやすく解説

ダウ

つまり、 トレンドは一方向に動くのではなく、複数のトレンド(短期では下落トレンドだが、中期では上昇トレンド、長期でも上昇トレンド)を形成しながら、相場が動いているということがわかります。

したがって、実際にトレードを行う際には、自分がどのトレンド(短期、中期、長期)でトレードをするのか、明確に決めておく必要があります。

主要なトレンドは3つの段階から形成される

ダウ理論では、トレンドには先行期・追随期・利食い期の3つの段階がある。つまり、「主要なトレンドは3つの段階から形成される」と説明しています。

3つのフェーズ

① 先行期(第1段階)

② 追随期(第2段階)

③ 利食い期(第3段階)

いよいよ、「トレンドの最終段階」です。だれの目にも「上昇トレンド」と映り、FX初心者などの一般投資家も積極的に参加し価格はさらに上昇します。

明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続する

ダウ理論では、上昇トレンドは「高値と安値がそれぞれ切り上がり」、下落トレンドでは「高値と安値がそれぞれ切り下がる」と定義されています。

トレンド

ダウ理論の中でも特に重要な基本原則では、 「明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続する」 と記されています。

A.明確な転換シグナルとは、「上昇トレンドにおいて安値が切り下がったら、下降トレンドにおいて高値が切り上がった」場合のことを言います。

転換

高値安値

上記のチャート画像の一番左側では、安値が切り下がっており、「下落トレンド中」になります。ですが、その後、下落トレンドであった高値を更新し、安値も切り上がったため、下降トレンドから上昇トレンドへの転換が起きています。

ダウ理論を元にトレンドの転換を狙ったエントリー

ダウ理論を元にしたトレード方法としては、 トレンドを狙う「順張りの方法」トレンドの転換で大きな利益を狙う「転換エントリー」 があり、ここでは転換エントリーを説明します。

矢印

つまり、上昇トレンドにおいて安値が切り下がった場合、上昇トレンドが終焉を迎えていると判断でき、そこから下落トレンドが始まると解釈することができます。これをエントリーポイントとして図解したものが以下になります。

ダウ理論

なので、トレンド転換が確定した安値2のブレイクのタイミングで売りエントリーを行ことで、ダウ理論を元にトレンドの転換を狙ったエントリーをすることができます。

【NaS_FX】 FX分析のライブ配信 2022/6/6(月)よる (横・斜めライン、ダウ理論、N波動、グランビル、エネルギー分析、サイクル理論少々などに基づき分析)

FX動画

NaS🍆です。
月曜から金曜の朝9時と夜9時にライブ配信をしています。
約20通貨を監視して私なりの分析をお話しています。
分析内容は、横・斜めライン、ダウ理論、N波動、グランビル、エネルギー分析、サイクル理論少々などに基づき分析しています。
よろしくおねがいします。

よかったら👍ボタン、チャンネル登録よろしくお願いします。
Twitterで配信の告知をしていますのでフォローしてもらえると嬉しいです。
@Nas65995201
TwitCasting(ツイキャス)でも同時配信しています。
https://twitcasting.tv/nas65995201

ゲームチャンネルもやっています!
よければどうぞ。
https://www.youtube.com/user/hoppeYT

NaS🍆のMA設定 FXのダウ理論とは
◎15分足
20SMA オレンジ色実線
20EMA オレンジ色点線
80SMA(1時間足の20SMA相当) 水色実線
80EMA(1時間足の20EMA相当) 水色点線
200SMA 赤色実線
200EMA 赤色点線
320SMA(4時間足の20SMA相当) 緑色実線
320EMA(4時間足の20EMA相当) 緑色点線
800SMA(1時間足の200SMA相当) 細い赤色実線
800EMA(1時間足の200EMA相当) 細い赤色点線
◎1時間足
20SMA オレンジ色実線
20EMA オレンジ色点線
80SMA(4時間足の20SMA相当) 水色実線
80EMA(4時間足の20EMA相当) 水色点線
200SMA 赤色実線
200EMA 赤色点線
480SMA(日足の20SMA相当) 青緑色実線
480EMA(日足の20EMA相当) 青緑色点線
2400SMA(週足の20SMA相当) 茶色実線
2400EMA(週足の20EMA相当) 茶色点線
◎4時間足
20SMA オレンジ色実線
20EMA オレンジ色点線
50SMA(1時間足の200SMA相当) 細い赤色実線
50EMA(1時間足の200EMA相当) 細い赤色点線
120SMA(日足の20SMA相当) 水色実線
120EMA(日足の20EMA相当) 水色点線
200SMA 赤色実線
200EMA 赤色点線
600SMA(週足の20SMA相当) 茶色実線
600EMA(週足の20EMA相当) 茶色点線
◎日足
20SMA オレンジ色実線
20EMA オレンジ色点線
100SMA(週足の20SMA相当) 水色実線
100EMA(週足の20EMA相当) 水色点線
200SMA 赤色実線
200EMA 赤色点線
◎週足
20SMA 黄色太い実線
20EMA オレンジ色点線
100SMA(月足20SMA近似) 水色実線
100EMA(月足20EMA近似) 水色点線
200SMA 赤色実線
200EMA 赤色点線

上記のMA以外の使用インジケーター(MT4)
HT_Higher_Candle
HT_Grid
Grid Round Numbers
Line_DWM
HT_Paint
320_WakuNasiDC
320_WakuNasi
fxnav_Price_Label
Mi_Symbol

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる