ビギナーバイナリーオプション

FXを学ぶ

FXを学ぶ
年金事情や社会経済が不安定な昨今、FXや投資という言葉を聞く機会は増えています。

かちょーFX勉強会 ダウ理論徹底マスター

やあ、やあ、性格の悪いかちょーだよ 今更ながら新年あけましておめでとうございますだね。 (まだ3月だからギリギリセーフでしょw) 皆さんはもう今年の目標は決まりましたか? かちょーとしては、たまたま去年の終わりからFX以外での収入源が伸びて.

【水平線】FXでよく効く水平線の引き方と手法を考えるコツ

【質問】損切りラインの決め方や損切りをしない問題点

やあ、やあ、性格の悪いかちょーだよ! ブログの購読者さんから質問が来たので共有するよ! 内容を要約すると、、、⇩ 頻繁に損切に合ってしまします。根拠のある損切ラインを決める方法はありますか? だいたいこのような内容の質問を頂きました。 損切.

【波引き】波のカウントのコツ2(長期足のカウントを考える)

やあ、やあ、性格に悪いかちょーだよ✨ 前回ではエリオット波動論の各波が持つ特徴を示して、実際の相場で例を動画で解説していきました。今回はかちょーFX勉強会が重要視する長期足のカウントについて考えていきます。 エリオット波動論を.

【質問】FX勉強会への新規募集について

やあ、やあ性格の悪いかちょーだよ。 ブログの購読者さんから質問が来たので共有するよ! 内容を要約すると、、、⇩ 勉強会の新規募集をしているのか?募集条件などあったら教えてください。 だいたいこのような内容の質問を頂きました。 何十件とお問い.

【その他】FXのトレードルールの作り方・抑えるべきポイント

やあ、やあ性格の悪いかちょーだよ 気合い入れてサムネまで作ったよw 今回はトレード面で悩んでい人向けにFXトレードをする際のルール作りのヒントを書いていくよ。(かちょー自身、自分のルールは存在せず、『エントリー出来たらする』というシンプルな.

【エリオット波動論】波の基本・カウントはどこから始めるべきなのか

【質問】FXを勉強して極めるまでの道のり(かちょーFX勉強会式)

やあ、やあ性格の悪いかちょーだよ。 ブログの購読者さんから質問が来たので共有するよ! 内容を要約すると、、、⇩ 少しずつ波引きが出来るようになりましたが、その先に中々進めません。今後、どのような内容を勉強すればいいでしょうか? だいたいこの.

【その他】勉強会から(優秀な?)卒業生が出ました!SANAさん

やあ、やあ性格の悪いめんどくさがり屋のかちょーだよ! 嫌がらせ程度に書かないでおこうと思ったけど、中々ネタを絞り出せていないから『これでいいや』っていう感じで書いていくよ。 前回のアライさんみたいにめちゃくちゃ長くなることはないのでご覧くだ.

FXから始まる投資術の基礎を学ぶ

通貨ペアには、利益がでやすい通貨の組み合わせがあります。
特に、取引が多い通貨ペアであれば、世界中の人がその通貨ペアに注目しているため、市場が大きく動きやすいです。
その結果、大きな儲けは出やすく、動きが多いので分析もしやすいのです。
取引が多い通貨ペアは、「ユーロ/米ドル」、「米ドル/円」、「英ポンド/米ドル」が多いです。
上記の3つは全世界でのシェア率が非常に高く、全て10%以上ものシェア率で取引されています。
日本の円が使える「米ドル/円」は、日本の多くの人がメインにしている通貨ペアです。

初心者はあまり良くない通貨ペアを選択している

FXで勝つためには通貨ペアが非常に重要です。
しかし、通貨ペアを良く知っていない初心者は取引量の多い通貨ペアにまで目を置くことがありません。
日本人の多くはギャンブルのように、何となくFXに手を出している人が多いです。
そのため、真剣に考えて取り組む人よりも、運に任せてFXを運用している人が多い傾向にあります。
しかし、何の分析もなしにFXで勝てるわけではありません。
FXにはトレードルールがあり、ギャンブルのように運だけでは儲けが出ません。
きちんと利益を出す方法を模索すれば、必ず努力が実を結びます。

通貨ペアの違いによって、値動きは大きく違います。
動きが大きくても下落率の高い通貨を選んでしまうと、損する金額が多くなります。
いかに大きく利益を出すかは大事ですが、損する金額を少なくする考えは勝てるFXに繋がりやすいです。

FXに役立つ口コミを上手に活用して行う投資術

年金事情や社会経済が不安定な昨今、FXや投資という言葉を聞く機会は増えています。

当然、これらには金銭が大きく絡んでくるため、常に損得が付きまといます。口コミでもよく見かけますが、投資はよく「賭け事」だと思い込んでいる場合があるのですが、しかし決してギャンブルではありません。

投資結果の損得などは、ギャンブルのように「運」でどうにかなるものではないでしょう。
株式投資やFXなどで良く聞く一瞬で損をした(資産を失う)というのは投資ではなく、投機と言われる行為です。投資し、その後、投機と呼ばれる判断を選択した結果、損をしたにしか過ぎません。賭け事と同じで大損するというのは、本来の投資という言葉の意味が大きく誤解されて伝わっていると言えるのです。
本来長期的な投資対象物の成長・利益を推測し、その推測に見合った出資をする行為の事なのです。

FXを始める資金のオススメ

FXの運用する金額は人それぞれで、何となくこれくらいあればという気持ちで始める人がたくさんいます。
しかし、適当に資産運用を始めてしまうと、真剣にFXと向き合えず様々な問題が出てきます。
今回は、FXを始めるための適正金額をご紹介していきましょう。

自分の管理できる金額で始める

投資初心者の方は、資金があればあるほど大きな利益が出やすいと思う傾向にあります。
しかし、用意する資金が多いほど損をしてしまう確率が高くなります。
投資では損切りが大切です。
軍資金が多いと、損切りをせずに「まだ手放すには早い」、「これから伸びるはず」と余裕が出てしまいます。
そのため、何回か負けても問題ないように感じてしまい、損をする回数は多くなります。
また、「次こそは勝てる」というように、同じ方法でチャレンジするため勝てるトレードになりにくいのです。

少なすぎても本気でFXに取り組めない

先ほどの内容から、資金は少ない方が良いのだと考えられますが、資金が少なすぎるのも良いトレードは行えません。 FXを学ぶ
多くのFX市場では1万円あれば取引ができます。
しかし、その取引で負けてしまっても、失う金額が少ないため、落ち込むことはほぼないでしょう。
また、負けても「続いて取引すれば勝てるだろう」という気持ちをうんでしまいます。
このようないい加減な気持ちでFXをしてしまうのは、良くありません。
トレードでは常に集中力や真剣さが大切です。
常に集中力を持っていることで、どんな時も判断力を失わないです。
FXの損益はタイミングによって大きく変わります。
勝つためには、タイミングを逃さない判断力は非常に大事なのです。

良いとされるスタート資金

FXには本気になれる金額以上、無駄遣いしない金額以下の資金が必要になってきます。
その金額は運用資金の他に、所持している資金によって大きく変わります。 FXを学ぶ
自分がきちんと管理して運用できる金額でFXを始めましょう。
オススメできる金額は30万円~50万円の資金です。
30万円では、万が一負けてしまっても再起できない金額ではありません。
立ち直ることができる金額なので、30万円はオススメです。

FXでは、資金を多く持ちすぎても上手く運用はできません
ただし、資金が少なすぎても取引に真剣に向き合えないでしょう。
自分に合うスタート金額はそれぞれですが、今回ご紹介した金額で始めてみてはいかがでしょうか?
資金が足りない、資産運用が不安と感じたら、投資顧問にお願いしても良いでしょう。
口コミで評価の良い雅投資顧問では、初めての方にも利用しやすく、親切で丁寧な対応に安心できます。

外国為替取引を学ぶ:最強の初心者ガイド。

John Lee Rossi

John Lee Rossi 更新日時07 5月 2020

外国為替取引を学ぶ:最強の初心者ガイド。

最新の初心者向けガイドでFX取引を学びましょう。通貨ペアとは何か、スプレッドとは何か、ロットとは何か、FXでのピップスとは何か、資金管理について学び、避けるべき間違いなどを知りましょう! プロのトレーダーからの洞察を得て、初心者でも通貨取引所(FX)市場で成功するために知っておくべき基本を学びましょう!

通貨ペアとは

通貨ペアとは

メジャー、マイナー、エキゾチック通貨のペアとは

メジャー通貨ペア主要通貨ペア)は世界で最も取引されている通貨ペアであり、EUR/USDはその中でも最も人気のある通貨ペアです。

ペア通貨名称
EUR/USDユーロ(€)/ 米ドル($)Fiber
USD/JPY米ドル($)/日本円(¥)Gopher
GBP/USD英ポンド(£)/米ドル($)Cable
USD/CHF米ドル($)/スイスフランSwissie
AUD/USD豪ドル(A$) / 米ドル($)Aussie
USD/CAD米ドル($)/ カナダドル(C$)Loonie
NZD/USDニュージーランドドル(NZ$) /米ドル($)Kiwi

マイナーな通貨ペアは、メジャーな通貨ペアに比べて人気が低く、そして米ドル(USD)は含まれていません。マイナー通貨ペアの例としては、EUR/CHFとGBP/JPYがあります。マイナー通貨ペアはかなり流動性がありますが、メジャー通貨ペアの流動性に比べと低いです。

エキゾチックな通貨ペアには、USD / RUB(ロシアルーブル)やUSD / MXN(メキシコペソ)などの新興経済国の通貨が含まれます。 FXを学ぶ エキゾチックなペアはマイナーペアよりも変動性が高く流動性が低いため、取引コストが高くなります。

市場用語

アスク価格とビッド価格 - アスク価格は商品が買える価格で、ビッド価格は商品が売れる価格です。アスク価格は常にビッド価格よりも高いため、最初はすべての取引が損失から始まります。

FXにおけるスプレッドとは、通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差をいいます。この価格差で(手数料があるとことで手数料も含めて)銀行、ブローカー、ディーラーが利益を出しています。

ススワップレートまたはロールオーバーレートは、通貨ポジションを一晩オープンにしたままにするために追加または差し引かれる利息のことです。スワップレートがマイナスかプラスかは、買いのポジションなのか売りのポジションなのかで計算され、通貨ごとの金利差を基準にしています。

ショートポジションとロングポジションは売り持ちなのか買い持ちのポジションなのか表します。ショートポジションは「売り」ポジションを保有することです。ロングポジションは、「買い」ポジションを保有することです。

ベア&ブル市場は、市場のトレンドが説得力のある上昇か下降かを指します。 弱気相場では価格が下落しているのに対し、強気相場では価格が上昇しています。

CFDとは、差金決済取引(Contract for Difference)の意味です。 これらの製品により、トレーダーは、原資産の所有権を取得することなく、買値と売値の差額で決済して損益を出す仕組みです。 CFDは、外国為替、株式、指数、商品でよく使われます。

ピップスとは何か(値上がり)

ピップスとは何か(値上がり)

ほとんどの通貨ペアでは、1ピップは0.FXを学ぶ 0001です。 USD / JPYなどの日本円との通貨ペアの場合、1ピップは0.01です。 金属を取引する場合、金と銀の1ピップは0.01です。

スプレッド(取引コスト)とは

スプレッド(取引コスト)とは

ビッド価格アスク価格スプレッド
4桁1.09281.09290.0001 = 1 FXを学ぶ ピップ
5桁1.092521.092570.00005 = 0.5 ピップス

ロット(Lot)とは(取引単位)

ロット(Lot)とは(取引単位)

FXを取引する際の通貨量の単位をロットと表現します。ロットは通貨の買付けや売付けが可能な最低取引単位を指す意味の用語で、実際のトレードではLot数ごとに外貨を購入したり売却したりします。具体的に取引に置き換えると1 ロットは10,0000通貨単位です。

ほとんどのブローカーは、0.01以下の小数ロットサイズでの取引を許可しています。 フラクショナルロットサイズは、ミニロット、マイクロロット、ナノロットと呼ばれることもあります。 サイズと単位を比較するには、上の写真を参照してください。

レバレッジとマージンとは

レバレッジにより、トレーダーはより少ないお金(証拠金)で大きなポジションで取引できるようになります、同時に利益と損失の両方が大幅に増幅されます。 レバレッジ取引は証拠金取引とも呼ばれます。

レバレッジ(てこ)は潜在的な利益と損失を増幅します。 たとえば、レバレッジなしでEUR / USDを1.FXを学ぶ 0000で購入する場合、全損を取得するには、価格をゼロにするか、投資を2倍にするために2.0000にする必要があります。 100:1のレバレッジをフルに使用して取引する場合、100分の1の価格変動でも、同じ利益または損失が発生します。

マージン(必要証拠金)はFX通貨市場において、ポジションを開いて維持するために必要な入金額です。これは手数料や取引コストではなく、取引を開始するための入金額として口座残高の一部が割り当てられているだけです。損失からブローカーを保護するのが目的です。損失によりトレーダーの証拠金が事前定義されたストップアウト率を下回ると、1つまたはすべてのオープンポジションがブローカーによって自動的にクローズ(決済)されます。ブローカーからのマージンコール警告は、このような清算に先行する場合もあれば、先行しない場合もあります。

レバレッジの仕組み

マネーマネジメントとは

最も重要なルールは、口座資金のごく一部のみをリスクにさらすことです。 そうすることによって、あなたは避けられない損失に耐えることができるでしょう。 経験則として、多くのトレーダーは、取引ごと2%以下のリスクで取引をおこなっています。

ドローダウンとは

ローソク足チャートとは

ローソク足チャートとは

価格が下落して下落した場合、ローソク足は赤に着色されます(陰線)。 価格が上昇して上昇した場合、緑色になります(陽線)

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

サポート、レジスタンス

マルチタイムフレーム解析とは

テクニカル分析は常に複数の時間チャートを見る必要があります、月次チャート(各ローソク足が1か月を表す)から1時間まで。週次や月次などの長期チャートでは主要な傾向を確認できます。日次や4時間などの中期チャートではベストな参入機会を特定するのに役立ちます。

経済指標カレンダーデータとボラティリティ

経済指標カレンダーデータとボラティリティ

経済指標カレンダーの使い方を学ぶ

前月の値:前月の結果を表示します。前月が調整されることがあるため、変更される可能性があります。 この動きはボラティリティを引き起こす可能性があります。

予測またはコンセンサス値:経済アナリストのコンセンサスに基づいて予測を表示します。

実際の値:実際のレポート値を表示し、予測と大幅に異なる場合は変動の原因となる可能性があります。

インパクト:レポートの潜在的な影響の大きさは、イベント名の横にある色付きのアイコンで示されます。 赤は影響が大きいことを意味し、オレンジは影響が中程度であることを意味します。

外国為替で利用可能な取引注文タイプ

外国為替で利用可能な取引注文タイプ

マーケットオーダーとは、成行注文のことです。オーダーが入ったときに取引成立となり、その時点での為替レートにて取引が行われます。マーケットオーダーは注文することですぐに約定します。ただし、相場の状況により注文したときの為替レートと約定レートの数値が異なる場合があります、バイタリティー期間中は特に。これはスリッページとして知られています。ボラティリティや非流動性の高い時に成行注文を出すと、高いスリッページが発生することがあります。

リミットオーダーは、指定された価格で制限された売買注文です。マーケットオーダーとは異なり、使用される価格を完全にコントロールすることができます。注文価格が実行時に利用できない場合はもちろんのこと、注文が未記入になります。

指値注文の種類

テイクプロフィット利食いにより利益を確定させる取引をいいます。

トレーリングストップは、到達した最高価格から一定の数ピップスを離れたところで取引を決済するための指値注文です。

ストップロスは為替レートが自分の不利に変化してきて損失が発生してきたときに、それ以上の損失を避けるためにポジションを決済する指値注文のことをいいます。

バイストップは現在の価格より高い価格で買い注文をする価格設定のことです。

セルストップ現在の価格より低い価格で買い注文をする価格設定のことです。

バイリミット現在の価格より低い価格で(底値)で買い注文をする価格設定のことです。

セルリミットは現在の価格より高い価格(天井値)で買い注文をする価格設定のことです。

ストップ指値注文は、指値注文としてのみ実行されると説明されているストップ注文のように機能します。

外国為替取引のリスク

メタトレーダー取引プラットフォームとは

メタトレーダー取引プラットフォームとは

メタトレーダーは、最も人気のあるサードパーティのFX取引プラットフォームで、ほとんどのブローカーが提供しています。チャートといくつかのテクニカル指標が組み込まれているため、ユーザーは簡単にFX取引を行うことができ、ブローカーによっては、株式やインデックス、コモディティ、暗号通貨のCFDも可能です。

「エキスパートアドバイザー」と呼ばれる自動取引ロボット(EA)、テクニカルインジケーター、およびスクリプトは、C ++と同様の単純なプログラミング言語を使用してMQL言語エディターで簡単に構築できます。 FXを学ぶ FXを学ぶ エキスパートアドバイザーは、組み込みの戦略テスターを使用して、過去の価格データでバックテストすることもできます。

FXでトレードするための最良の時間帯

FXでトレードするための最良の時間帯

  • 北米 - 米国ニューヨーク
  • アジア - 東京、日本
  • アジア太平洋 - オーストラリア、シドニー
  • ヨーロッパ - イギリス、ロンドン

外国為替デモ口座を開設して練習を始める方法

外国為替デモ口座を開設して練習を始める方法

最高の外国為替ブローカーを選択する方法

最終的な考察

John Lee Rossi

作成者について: John Lee Rossi

John Lee Rossi, currently head of FXを学ぶ fundamental and technical research with Clear Markets Ltd., is a seasoned trader with more than 16 years experience trading in the financial markets. John previously worked for several brokerage companies, FXを学ぶ operating in different OTC markets, specialising in a wide range of financial products, from Forex trading to commodities trading. Happily married to his lovely wife Frances, John has two teenage daughters. Away from the business, he enjoys hiking, FXを学ぶ golfing, and spending time at the Ozarks lake with family and friends.

John Lee Rossi, currently head of fundamental and technical research with Clear Markets Ltd., is a seasoned trader with more than 16 years experience trading in the financial markets. John previously worked for several brokerage companies, operating in different OTC markets, specialising in a wide range of financial products, from Forex trading to commodities trading. Happily married to his lovely wife Frances, John has two teenage daughters. Away from the business, he enjoys hiking, golfing, and spending time at the Ozarks lake with family and friends.

FXで「失敗」しないための通貨選択の考え方

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。 2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

あなたにオススメ

ピックアップ

Sponsored by 株式会社インターネットイニシアティブ

最近更新した著者

マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。 2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

「美しすぎる金融アナリスト」として話題となり、全国各地で個人投資家向けセミナーやIRセミナーに登壇。投資教育をライフワークとしている。 ZAI、SPA、マイナビ、FX攻略.com、DIME、ワッグルなどメディア掲載、連載の実績も多数。IRセミナーの構成作家やプロデュースも手がける。著書に『最強アナリスト軍団に学ぶ ゼロからはじめる株式投資入門 』(講談社)、『はじめての株価チャート1年生 上がる・下がるが面白いほどわかる本』 (アスカビジネス)がある。 タレントとしてはNHK eテレ「イタリア語会話」のほか、au・東芝エレベーターなどのCMや大河ドラマ出演など出演多数。現在も第一三共株式会社のキービジュアルなどを務める。

難しく捉えられがちなお金の話を、より身近に、よりわかりやすく、読者が自分事として捉えられるようにすることを、くらしの経済メディア 「MONEY PLUS」は目指しています。私たちの人生に欠かせないお金の情報を日々の生活やライフイベントと関連付けて発信していきます。

FXから始まる投資術の基礎を学ぶ

通貨ペアには、利益がでやすい通貨の組み合わせがあります。 FXを学ぶ
特に、取引が多い通貨ペアであれば、世界中の人がその通貨ペアに注目しているため、市場が大きく動きやすいです。
その結果、大きな儲けは出やすく、動きが多いので分析もしやすいのです。
取引が多い通貨ペアは、「ユーロ/米ドル」、「米ドル/円」、「英ポンド/米ドル」が多いです。
上記の3つは全世界でのシェア率が非常に高く、全て10%以上ものシェア率で取引されています。
日本の円が使える「米ドル/円」は、日本の多くの人がメインにしている通貨ペアです。

初心者はあまり良くない通貨ペアを選択している

FXで勝つためには通貨ペアが非常に重要です。
しかし、通貨ペアを良く知っていない初心者は取引量の多い通貨ペアにまで目を置くことがありません。
日本人の多くはギャンブルのように、何となくFXに手を出している人が多いです。
そのため、真剣に考えて取り組む人よりも、運に任せてFXを運用している人が多い傾向にあります。
しかし、何の分析もなしにFXで勝てるわけではありません。
FXにはトレードルールがあり、ギャンブルのように運だけでは儲けが出ません。
きちんと利益を出す方法を模索すれば、必ず努力が実を結びます。

通貨ペアの違いによって、値動きは大きく違います。
動きが大きくても下落率の高い通貨を選んでしまうと、損する金額が多くなります。
いかに大きく利益を出すかは大事ですが、損する金額を少なくする考えは勝てるFXに繋がりやすいです。

FXに役立つ口コミを上手に活用して行う投資術

年金事情や社会経済が不安定な昨今、FXや投資という言葉を聞く機会は増えています。

当然、これらには金銭が大きく絡んでくるため、常に損得が付きまといます。口コミでもよく見かけますが、投資はよく「賭け事」だと思い込んでいる場合があるのですが、しかし決してギャンブルではありません。

投資結果の損得などは、ギャンブルのように「運」でどうにかなるものではないでしょう。
株式投資やFXなどで良く聞く一瞬で損をした(資産を失う)というのは投資ではなく、投機と言われる行為です。投資し、その後、投機と呼ばれる判断を選択した結果、損をしたにしか過ぎません。賭け事と同じで大損するというのは、本来の投資という言葉の意味が大きく誤解されて伝わっていると言えるのです。
本来長期的な投資対象物の成長・利益を推測し、その推測に見合った出資をする行為の事なのです。

FXを始める資金のオススメ

FXの運用する金額は人それぞれで、何となくこれくらいあればという気持ちで始める人がたくさんいます。
しかし、適当に資産運用を始めてしまうと、真剣にFXと向き合えず様々な問題が出てきます。
今回は、FXを始めるための適正金額をご紹介していきましょう。

自分の管理できる金額で始める

投資初心者の方は、資金があればあるほど大きな利益が出やすいと思う傾向にあります。
しかし、用意する資金が多いほど損をしてしまう確率が高くなります。
投資では損切りが大切です。
軍資金が多いと、損切りをせずに「まだ手放すには早い」、「これから伸びるはず」と余裕が出てしまいます。
そのため、何回か負けても問題ないように感じてしまい、損をする回数は多くなります。
また、「次こそは勝てる」というように、同じ方法でチャレンジするため勝てるトレードになりにくいのです。

少なすぎても本気でFXに取り組めない

先ほどの内容から、資金は少ない方が良いのだと考えられますが、資金が少なすぎるのも良いトレードは行えません。
多くのFX市場では1万円あれば取引ができます。
しかし、その取引で負けてしまっても、失う金額が少ないため、落ち込むことはほぼないでしょう。
また、負けても「続いて取引すれば勝てるだろう」という気持ちをうんでしまいます。
このようないい加減な気持ちでFXをしてしまうのは、良くありません。
トレードでは常に集中力や真剣さが大切です。
常に集中力を持っていることで、どんな時も判断力を失わないです。
FXの損益はタイミングによって大きく変わります。
勝つためには、タイミングを逃さない判断力は非常に大事なのです。

良いとされるスタート資金

FXには本気になれる金額以上、無駄遣いしない金額以下の資金が必要になってきます。
その金額は運用資金の他に、所持している資金によって大きく変わります。
自分がきちんと管理して運用できる金額でFXを始めましょう。
オススメできる金額は30万円~50万円の資金です。
30万円では、万が一負けてしまっても再起できない金額ではありません。
立ち直ることができる金額なので、30万円はオススメです。

FXでは、資金を多く持ちすぎても上手く運用はできません
ただし、資金が少なすぎても取引に真剣に向き合えないでしょう。
自分に合うスタート金額はそれぞれですが、今回ご紹介した金額で始めてみてはいかがでしょうか?
資金が足りない、資産運用が不安と感じたら、投資顧問にお願いしても良いでしょう。
口コミで評価の良い雅投資顧問では、初めての方にも利用しやすく、親切で丁寧な対応に安心できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる