FXの学習方法

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します

Dell DXオブジェクトストレージテクノロジーパートナー

Atempoとデルは、企業や業界固有のポリシーを順守しつつデータの管理とアーカイブのコストを削減するという課題の解決に役立つソリューションを、共同で提供しています。Atempo Digital ArchiveとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることにより、適切な方法でのデータの長期保存が可能になり、さらに、ピア拡張アーキテクチャを活用することができるようになります。

  • 長期間のデータ保持に適した高度なファイルアーカイブの活用
  • ストレージコストの最適化とビジネスの成長に合わせたストレージの拡張
  • 冗長データの大幅な重複除外、およびバックアップウィンドウの短縮
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • 長期的なアーカイブ、データ量、および保存の一元管理
  • 階層型ストレージの自動ポリシーまたはユーザーが適用するポリシーの実装

- PACS(DICOM)、患者記録、および非構造化コンテンツの管理
- 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
- 数十億ものオブジェクトに拡張
- 画像の自動保存方式により、さまざまな種類の画像を効率的に管理
- ログ管理システムによる容易な監視と管理
- 効率的な画像転送テクノロジーによる、信頼性に優れたデータのバックアップとリモートでのディザスタリカバリ

- マルチスレッド機能 - バッチファイルおよび大規模なファイルの処理に適した、優れた読み取り/書き込み性能
- DXカスタムメタデータのサポート - オブジェクトファイルをカスタマイズできる優れた柔軟性
- データベースバックアップのアーカイブ – 社内データベースをDXにバックアップし、ディザスタリカバリソリューションで使用可能にすることで、データの整合性と信頼性を向上

DXオブジェクトストレージの新しい機能であるDX6000G Storage Compression Nodeにより、AvePointでは、データを移動させることなく、アーカイブされたデータセットやSharePointバイナリラージオブジェクト(BLOB)を圧縮することができます。これは、「保存データの最適化」と呼ばれている方法です。コンプライアンスで必要となる古いSharePointデータやアーカイブされたSharePointデータセットのサイズを小さくする際に、データを別の場所に移動させたり、圧縮後に元のストレージにデータを戻すという処理をする必要がありません。AvePointは、ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにあるSharePointコンテンツのメタデータをアップデートして圧縮できるようにするだけで、後はDXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Nodeが自動で処理を行います。

  • ファイル共有、Exchangeのパブリックフォルダ、および旧バージョンのSharePointからSharePoint 2010への迅速な移行
  • SharePointコンテンツをSQLストレージから、柔軟性と拡張性に優れたオブジェクトベースのストレージにオフロードすることで、SharePointのパフォーマンスを向上
  • ポリシーに基づいたコンテンツのライフサイクルの自動管理により、SharePointストレージにかかるコストを削減し、情報収集機能を強化
  • 厳密な目標リカバリポイント(RPO)を実現できるように、コンテンツ、インデックスサーバ、WebフロントエンドエレメントなどのSharePoint資産を保護
  • 目標リカバリ時間(RTO)を短縮するために、SharePointコンテンツと資産を迅速に細かく復元(完全な状態のメタデータを含む)
  • ビジネスニーズに応じて、PB単位の容量にまで拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりできる柔軟性を活かし、業務を中断させることなく、各自のペースで拡張
  • 共通のストレージインフラストラクチャを利用することで、組織全体でのデータのサイロ化を回避
  • 複数の形式またはPACSのDICOMデータを一元管理できる場所に保存
  • 検索可能なアーカイブを複数コピーすることで、患者記録や患者に関する文書のスキャンデータを保護
  • Microsoft® Exchange、SharePoint®、Windows®やLinux®のファイルシステムのデータを管理
  • DX6000G Storage Compression Node機能の活用(オブジェクトの作成時にアーカイブおよびバックアップデータセットに圧縮ポリシーを適用する、など)
  • プライマリストレージのスペースの解放、データ保持の管理、情報ガバナンスのニーズへの対応
  • 付属のグローバルな重複除外機能により、不要なデータを90 %削減
  • 1つのリポジトリにバックアップデータとアーカイブデータをすべて保存し、両方を検索可能
  • 付属のストレージリソース管理機能を使用して、ストレージ使用率と運用効率を追跡可能
  • コーポレートガバナンスの要件を満たすために、データの保持と廃棄に関するポリシーを自動で適用
  • 共通のインターフェイスを使用した、法的に正当な情報管理戦略が利用可能
  • ポリシーベースの一元管理により、データのライフサイクルを通じて、場所を問わずにデータの複数コピー、保持、アクセスを管理可能

CTERA Networks Cloud Attached Storage®ソリューションとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることで、サービスプロバイダと企業ユーザーはいずれも、CTERA Portalによる一元的なプロビジョニングと管理、およびCTERAクラウドストレージゲートウェイによるリモートサイトからの高速アクセスを利用して、ストレージ管理、コラボレーション、およびデータ保護サービスを提供できるようになります。このソリューションは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)や、ローミングを利用するノートパソコンユーザーのために、ストレージ、データ保護、コラボレーションを効率的に管理する方法を探している企業に最適です。また、中小規模ビジネスやミッドマーケットの顧客企業向けにストレージベースのクラウドサービスの提供を始めたいと考えるサービスプロバイダにとっても役立ちます。

  • ハイブリッドクラウドと社内アーキテクチャ: CTERA独自のクラウドストレージゲートウェイテクノロジーにより、標準のLANネットワーキングプロトコルを使用してクラウドにアクセスすることが可能になります。また、CTERAアプライアンスはNASデバイスとしても機能し、CIFS、NFS、rsync、FTP、AFP、WebDAV、iSCSIをサポートします。
  • 完全な一元管理: CTERA Portalを使用すると、クラウドサービスのプロビジョニング、リモートアプライアンスの管理、およびユーザー管理のあらゆる側面を、使いやすいUIで制御できます。
  • マルチ階層のサポート:適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します CTERA Portalのマルチ階層型マルチテナントアーキテクチャにより、サービスプロバイダはこのシステムを使用してチャネルパートナーにサービスを提供できます。同様に、企業のプライベートクラウド環境では、企業のIT部門が地域ごと、および部門ごとのソリューションを構築できます。
  • 包括的なデータ保護: 完全なバックアップ/リカバリ機能により、ファイルレベルおよびディスクレベル(ベアメタル)のバックアップが可能になります。ローカルコピーとクラウドコピーは、セルフヒーリング機能を備えたDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに格納されます。
  • 拡張性: ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、数十億ものファイル数と数PBのデータ容量まで拡張できるうえ、ファイルシステムの複雑さや制約が生じることもありません。CTERA Portalは、管理対象のリモートサイトとユーザー数を数万規模に拡張できます。

KGS Softwareは、SAP向けのアーカイブおよび文書管理用ソリューションを提供しています。このソリューションをデルのディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、SAPのライセンスモデルに基づいた、KGS Content Server4Storageプラットフォームを含む総合的なターンキー方式のアーカイブソリューションを実現できます。

  • ビジネス文書をSAPのトランザクションおよびワークフローに組み込むことにより、運用効率と生産性を向上する。
  • SAPのデータおよび文書のコンプライアンスアーカイブを実現する。
  • SAPのパフォーマンスが向上し、本番稼働データへの高速アクセスが可能になる。
  • データ移行プロジェクトが不要になる。
  • データベースと関連するライセンスのコストを削減できる。
  • アーカイブ済みの文書およびデータに、HTTPでどこからでも安全にアクセスできる。

ストレージコストを削減し、データの増加を管理しようとしているのに、既存のPACSベンダーによる相互運用性の問題が原因で実現できずにいませんか?DeJarnetteのxDL™(Cross-Enterprise Document Librarian)とDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにより、堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたDICOMオブジェクトアーカイブソリューションが実現します。xDLは、1つの管理部門の管理下で医用画像、検査結果、その他の関連文書を保存するための長期的な医療文書アーカイブです。これにより、お客様の施設のITスタッフが効率的に管理できる「ベンダーに依存しない」アーカイブを導入して、履歴データを管理できるようになります。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームでは、インテリジェントなピア拡張アーキテクチャにより、長期的ニーズと合致しない高コストかつ柔軟性に欠ける戦略にとらわれることなく、デジタルコンテンツの保存、管理、配信を効率よく効果的に実行できます。

  • 移行作業を最小限に抑える - xDLで履歴データを管理できるほか、xDLのインテリジェントなプリフェッチ機能やPACS再設定機能も利用できます。
  • 拡張性の向上を図る - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量を1 TB単位で追加してPB単位の容量まで拡張し、数十億ものオブジェクトに対応することが可能です。
  • コストを削減する - リソースの共有、末端のPACSレガシーシステムの移行の支援、臨床用アプリケーションに影響を与えることなくストレージをアップグレードできる機能、および臨床用データの情報ライフサイクル管理(ILM)による古くなった不要データの自動削除機能を活用して、コストを削減します。
  • データの整合性を維持する - データの整合性を維持するために、すべての文書にチェックサムを適用し、データを転送する前にストレージ上で暗号化してデータのプライバシーを確保します。

デルとMerge Healthcareは、企業のイメージング戦略をサポートし、増え続けるデータの管理に役立つ統合アーカイブソリューションを提供しています。Merge iConnect® VNA™は、拡張性に優れ、ベンダーに依存しないアーカイブソリューションです。30以上の統合PACSで利用されており、1億を超える研究論文がアーカイブされています。

  • 治療の質の向上 - 治療中、どの組織からも現在と過去の画像や情報にアクセスできます。
  • コストの節約 - 管理、ストレージ、移行、および統合にかかる投資を削減します。
  • エンタープライズ戦略の策定 - ベンダーに依存しない標準ベースの単一ソリューションを使用して、複数のPACSを施設や部門全体で統合し、診断画像を患者の視点に立ったニーズに合わせて提供します。
  • 拡張性の向上 - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量をTB単位で追加し、最大でPB単位の容量に拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりすることが可能です。
  • パブリッククラウドへのデータ漏洩、セキュリティホールやコンプライアンスの課題の発生を防止する。
  • PC、タブレット、スマートフォン(AndroidおよびiOS)を介して、企業ファイアウォール内からファイルの同期および共有サービスを提供する。
  • 既存のバックアップおよびアーカイブ環境の互換性、柔軟性、拡張性を向上する。
  • オンデマンドのストレージソリューションとプライベートクラウドソリューションを構築する。
  • 数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる。

ハイパフォーマンスなファイルアーカイブインフラストラクチャ

Moonwalkとデルが提供する統合ファイル管理
Moonwalkは、データをプライマリストレージからストレージインフラストラクチャ内の別の階層に自動でアーカイブし、インテリジェントに管理する機能を提供します。Moonwalkはネットワーク対応で、プロジェクト、場所、ユーザー、グループ、サイズ、名前、時間別にデータ管理が可能です。そのため、ポリシーを使用したストレージの定義、割り当て、最適化が可能になり、TCOを削減することができるようになります。また、データの安全性を維持しつつ、迅速にアクセスできるようにすることも可能です。Moonwalkソフトウェアは、データの移行を管理するための単一のツールとして機能し、使用頻度の低いファイルをプライマリストレージからディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに自動的にアーカイブできます。アーカイブしたデータは、要求に応じて容易に取得できます。

  • 企業で扱うあらゆる種類の情報(データ、文書など)を監査に対応できる方法でアーカイブ
  • 包括的なデータ保持管理
  • 情報の完全なライフサイクル管理
  • 企業がソリューションに費やす予算やコストを可能な限り削減
  • 保存したオブジェクトの整合性を確実に維持するための継続的な自己管理
  • システムを停止することなく拡張できるため、成長に合わせて柔軟に対応可能

詳細については、 www.optimal-systems.de をご覧ください(現在、 このソリューションは欧州、中東、およびアフリカでご利用いただけます)。

データの大幅な増加、ファイルサーバの無秩序な増加、バックアップシステムの多様化に対応するために、拡張性に優れた、シンプルで管理しやすいストレージソリューションをお探しですか?Nasuni 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Filerは、エンドユーザーが標準的な共通インターネットファイルシステム(CIFS)およびネットワークファイルシステム(NFS)プロトコル経由でDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにアクセスできるようにする、仮想ファイルサーバアプライアンスです。このソリューションには、使いやすくダウンロード可能な仮想アプライアンスであるNasuni Filerと、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム内でのデータ利用パターンを把握することができる各種の管理/監視サービスを含むNasuni.comが付属しています。また、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの自己管理型のピア拡張アーキテクチャにより、ニーズに合わせて拡張できるため、容量とスループットの最適なバランスを実現できます。さらに、ダウンロード可能なNasuni Filerでは、拡張性が高いDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されている無数のデータセットを比較的少ないキャッシュで処理可能なため、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の大規模な移行が不要になります。

NTP Softwareのソリューションを利用すると、拡張性に優れたDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに手動または自動でファイルを移行できます。移行したファイルをEメールやその他のタイプのデータと組み合わせて、企業アーカイブとして統合できます。また、場所やストレージの種類、あるいはストレージのメーカーを問わず、1つのインターフェイスで手動のデータ管理プロセスを自動化し、シームレスに管理できるため、時間とコストを節約することができます。NTP SoftwareのソリューションとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの組み合わせによって、ファイルデータのリアルタイムでの移行が可能になり、管理/状況把握機能が強化されるため、ファイルデータをコスト効率に優れた方法で保存および管理できるようになります。DXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Node機能をNTP 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Softwareのソリューションと組み合わせて利用すると、オブジェクトを作成する際に圧縮ポリシーを指定することができます。またDXクラスタでは、アーカイブデータセットとバックアップデータセットが自動的に圧縮されます。

  • ファイルデータ環境の構造とファイルがどのように利用されているかについて把握できる
  • 大量のデータを長期間に渡ってアーカイブできるうえ、長期の保存に必要なコストとリソースを削減できる
  • ポリシーに基づく自動移行、ユーザーによる手動の移行、またはこれらの両方を利用することで、データの移行を柔軟に行うことができる
  • セットアップや複雑な管理を必要とせず、さらに従来のファイルストレージやブロックストレージのようなコストをかけることなく、数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる
  • ファイルデータ環境全体でのリアルタイムのファイルデータ管理、状況把握、監査のための機能を利用できる
  • システムパフォーマンスを維持し、すべてのユーザーが利用できるようにするために、適切な使用ポリシーを適用できる

Dell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されているデータをどのように検索していますか?例えば、3 TBのディスクに保存されている情報を検索しようとすれば、いろいろな問題が生じる可能性があります。インデックスが作成されていなければ、ディスクの容量が12 TB、24 TB、さらには48 TBと増えるにつれ、問題はさらに深刻になります。Perfect SearchアプライアンスはDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとシームレスに統合されるため、迅速、正確、かつ適切なデータアクセスが可能になります。Perfect Searchを利用すると、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上に保存されているファイルやデータのインデックスを作成でき、必要なデータを探すことができるようになります。Perfect Searchは、処理速度とコスト効率に優れており、検索テクノロジーソリューションの中で最も拡張性が高いソリューションの1つです。必要な情報を必要なときに見つけ出すための方法。それがPerfect Searchです。

  • あらゆる種類のデータソース/形式/種類の構造化データ、半構造化データ、非構造化データを1つのプラットフォームで保持
  • 機密データの保持と期限を決定するルールを設定し、ビジネスの機敏性を実現するためのニーズおよび企業ポリシーと業界標準のポリシーの順守に対応
  • バイナリデータとブロックデータの基本的な圧縮率以上の圧縮により、高度なデータ重複除外を実行
  • 1日あたり数十億単位のレコードを処理できるインジェスト速度で対応し、月あたりPB単位のデータを維持
  • データをオンラインでアクセス可能な状態に維持するためのTBあたりのコストを大幅に削減
  • アップグレードの際にもシステムの停止を必要としない、柔軟性に優れたピア拡張アーキテクチャを実現

Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとSTEALTH Content Store for Microsoft® SharePoint®

Microsoft® SharePoint®をコラボレーションツールとして使用する組織が急激に増えてきています。SharePoint®環境が拡大するにつれ、作業を中断させることなく拡張でき、コスト効率に優れたストレージアーキテクチャが必要になります。デルとSTEALTH Softwareは、Microsoft® SharePoint®に特化したシームレスで透過的なストレージインフラストラクチャを共同で開発しました。このソリューションの主なメリットは、以下の通りです。

  • ストレージインフラストラクチャの長期的な柔軟性
  • ユーザーやコンテンツに関する制限のないSharePoint®環境
  • ビジネスの継続性に関するニーズを満たす包括的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に影響を与えない、シームレスで透過的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に対する設備投資を削減可能

デルは、Dell DXオブジェクトストレージパートナーであるStoredIQと連携して、企業コンテンツを管理し、さらに電子情報開示と訴訟対応準備に取り組むための包括的なソリューションを提供しています。StoredIQ Intelligent Information Management 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します PlatformとDell DXオブジェクトストレージを組み合わせることで、インテリジェントな訴訟ホールドと文書保存が可能になり、電子情報開示のための重要なプロセスに対応できます。StoredIQのソリューションを使うと、Dell DXオブジェクトストレージ(電子的に保存された情報を変更できないように保存するための分離されたリポジトリ)に関連データのコピーや移動を行うことができます。StoredIQのソリューションでは、ファイルを保存したり削除したりするための記録保持ポリシーを自動で適用し、完全な監査ログを作成できます。また、デジタル署名や、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上でStoredIQソリューションによって管理されているすべてのデータオブジェクトのメタデータプロパティの完全なセットを保護することも可能です。

  • 電子情報(ESI)に関する訴訟ホールドプロセスの実装と管理の機能を強化することで、証拠を破棄するリスクを軽減
  • すべてのメタデータを保護し、デジタル署名を記録して、失われたデータがないことを証明
  • 徹底した統合により、ベンダー固有のデータ保持属性を自動で設定可能
  • 保持ポリシーの期限が切れた記録を自動で期限切れにして破棄

Symantec Enterprise VaultソフトウェアとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームソリューションは、長期的なデータ保持のためのソリューションを提供します。この組み合わせにより、データの重複コピーを削減し、ストレージコストを抑え、訴訟や規制に関するコストも削減することができます。デルとSymantecが提供するソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 非構造化情報およびデータの大幅な増加を抑制
  • データのライフタイム全体を通じて、保持ポリシーと有効期限ポリシーを繰り返し適用
  • 迅速かつ効率的な検索のために情報を一元管理
  • データの維持、レプリケーション、配信、および削除をポリシーベースで安全かつ自動的に実行
  • 既存のストレージ環境への簡単な統合
  • 患者の治療に不可欠なコンテンツに、医師が1つの画面からワンクリックでアクセス可能
  • 1つの部門から複数の施設にまで拡張可能
  • HIPAAコンプライアンスの要件に対応

データの長期維持に関する要件と規制により、医療機関は将来的なデータの増加に対応するための準備として、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)やHL7(Health Level Seven International)などの規格に準拠したソリューションの選択を迫られています。Telepaxx e-pacsは、PACSアプリケーションとストレージテクノロジーの両方で利用できる抽象レイヤを備えています。これにより、データの所有権を明確にして、データの長期に渡る利用が可能になります。Telepaxxとデルが提供するこの統合ソリューションでは、e-pacsテクノロジーを活用して、現場環境でDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと、こうしたPACS(画像アーカイブ通信システム)アプリケーションとの完全な連携を実現しています。

医療データのプライバシーは、非常に重要な問題です。特に欧州地域では、数多くの規制への準拠が求められています。Telepaxxでは現在、欧州全体のプライバシー規制に準拠できるように、EuroPriSe(European Privacy Seal)の認定取得を申請中です。

  • Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを使用した施設でのローカルストレージ管理
  • プライバシーの認証を行うプライベートストレージクラウド(例えば特定の研究グループに限定など)
  • 医療機関のプライバシーニーズに合わせてプライバシーの認証を行うパブリックストレージクラウド

デルとUnis Vitovaは共同で、エンタープライズクラスの包括的なデジタルドキュメントアーカイブソリューションを開発しています。Unis Vitova TH-SCAN & TH-AMSソリューションをDX™オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることで、物理的な文書をデジタル画像に変換でき、包括的な保護と検索が可能になります。Unis Vitovaは、データの効果的な取得、管理、および制御機能を提供します。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、拡張性、安全性、およびコスト効率に優れたストレージを提供し、構造化された数十億もの項目に対応できるように設計されています。

  • エンタープライズクラスの高度なデジタルアーカイブ管理システムと自動管理プロセス
  • 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
  • さまざまな種類の画像を効率的に管理できる画像の自動保存方式
  • ファイルと画像を簡単に監視および管理できるログ管理システム
  • データのバックアップとリモートでのディザスタリカバリを可能にする効率的な画像転送テクノロジー
  • エンタープライズクラスのコンプライアンスを簡単に実現

企業が電子情報開示、コンプライアンス、レコード管理、およびストレージ管理用のソリューションを場当たり的に導入した結果、データの「サイロ化」が数多く発生し、今では解決できないほど多くの問題が引き起こされています。企業はこうした状況を痛切に実感しています。データのサイロ化によって生じる主な問題は、サイロ間でデータコピーが重複する、検索結果が一致しない(サイロごとに検索エンジンや検索機能が異なるため)、データ保持ポリシーに整合性がない、の3つです。これらの問題が組み合わさると、データを管理できなくなります。これに対し、ZL TechnologiesとそのUnified Archive®ソフトウェアは、すべてのサイロを1つのシステムに統合することで、データを完全に管理できるようにします。この強力なストレージとアーカイブのソリューションをDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、コンプライアンス、電子情報開示、レコード管理、およびストレージ管理に必要なファイル共有、Eメール、SharePointファイルなどの非構造化データをすべて完全に管理できるようになります。

Dell DXオブジェクトストレージテクノロジーパートナー

Atempoとデルは、企業や業界固有のポリシーを順守しつつデータの管理とアーカイブのコストを削減するという課題の解決に役立つソリューションを、共同で提供しています。Atempo Digital ArchiveとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることにより、適切な方法でのデータの長期保存が可能になり、さらに、ピア拡張アーキテクチャを活用することができるようになります。

  • 長期間のデータ保持に適した高度なファイルアーカイブの活用
  • ストレージコストの最適化とビジネスの成長に合わせたストレージの拡張
  • 冗長データの大幅な重複除外、およびバックアップウィンドウの短縮
  • 長期的なアーカイブ、データ量、および保存の一元管理
  • 階層型ストレージの自動ポリシーまたはユーザーが適用するポリシーの実装

- PACS(DICOM)、患者記録、および非構造化コンテンツの管理
- 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
- 数十億ものオブジェクトに拡張
- 画像の自動保存方式により、さまざまな種類の画像を効率的に管理
- ログ管理システムによる容易な監視と管理
- 効率的な画像転送テクノロジーによる、信頼性に優れたデータのバックアップとリモートでのディザスタリカバリ

- マルチスレッド機能 - 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します バッチファイルおよび大規模なファイルの処理に適した、優れた読み取り/書き込み性能
- DXカスタムメタデータのサポート - オブジェクトファイルをカスタマイズできる優れた柔軟性
- データベースバックアップのアーカイブ – 社内データベースをDXにバックアップし、ディザスタリカバリソリューションで使用可能にすることで、データの整合性と信頼性を向上

DXオブジェクトストレージの新しい機能であるDX6000G Storage Compression Nodeにより、AvePointでは、データを移動させることなく、アーカイブされたデータセットやSharePointバイナリラージオブジェクト(BLOB)を圧縮することができます。これは、「保存データの最適化」と呼ばれている方法です。コンプライアンスで必要となる古いSharePointデータやアーカイブされたSharePointデータセットのサイズを小さくする際に、データを別の場所に移動させたり、圧縮後に元のストレージにデータを戻すという処理をする必要がありません。AvePointは、ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにあるSharePointコンテンツのメタデータをアップデートして圧縮できるようにするだけで、後はDXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Nodeが自動で処理を行います。

  • ファイル共有、Exchangeのパブリックフォルダ、および旧バージョンのSharePointからSharePoint 2010への迅速な移行
  • SharePointコンテンツをSQLストレージから、柔軟性と拡張性に優れたオブジェクトベースのストレージにオフロードすることで、SharePointのパフォーマンスを向上
  • ポリシーに基づいたコンテンツのライフサイクルの自動管理により、SharePointストレージにかかるコストを削減し、情報収集機能を強化
  • 厳密な目標リカバリポイント(RPO)を実現できるように、コンテンツ、インデックスサーバ、WebフロントエンドエレメントなどのSharePoint資産を保護
  • 目標リカバリ時間(RTO)を短縮するために、SharePointコンテンツと資産を迅速に細かく復元(完全な状態のメタデータを含む)
  • ビジネスニーズに応じて、PB単位の容量にまで拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりできる柔軟性を活かし、業務を中断させることなく、各自のペースで拡張
  • 共通のストレージインフラストラクチャを利用することで、組織全体でのデータのサイロ化を回避
  • 複数の形式またはPACSのDICOMデータを一元管理できる場所に保存
  • 検索可能なアーカイブを複数コピーすることで、患者記録や患者に関する文書のスキャンデータを保護
  • Microsoft® Exchange、SharePoint®、Windows®やLinux®のファイルシステムのデータを管理
  • DX6000G Storage Compression Node機能の活用(オブジェクトの作成時にアーカイブおよびバックアップデータセットに圧縮ポリシーを適用する、など)
  • プライマリストレージのスペースの解放、データ保持の管理、情報ガバナンスのニーズへの対応
  • 付属のグローバルな重複除外機能により、不要なデータを90 %削減
  • 1つのリポジトリにバックアップデータとアーカイブデータをすべて保存し、両方を検索可能
  • 付属のストレージリソース管理機能を使用して、ストレージ使用率と運用効率を追跡可能
  • コーポレートガバナンスの要件を満たすために、データの保持と廃棄に関するポリシーを自動で適用
  • 共通のインターフェイスを使用した、法的に正当な情報管理戦略が利用可能
  • ポリシーベースの一元管理により、データのライフサイクルを通じて、場所を問わずにデータの複数コピー、保持、アクセスを管理可能

CTERA Networks Cloud Attached Storage®ソリューションとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることで、サービスプロバイダと企業ユーザーはいずれも、CTERA Portalによる一元的なプロビジョニングと管理、およびCTERAクラウドストレージゲートウェイによるリモートサイトからの高速アクセスを利用して、ストレージ管理、コラボレーション、およびデータ保護サービスを提供できるようになります。このソリューションは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)や、ローミングを利用するノートパソコンユーザーのために、ストレージ、データ保護、コラボレーションを効率的に管理する方法を探している企業に最適です。また、中小規模ビジネスやミッドマーケットの顧客企業向けにストレージベースのクラウドサービスの提供を始めたいと考えるサービスプロバイダにとっても役立ちます。

  • ハイブリッドクラウドと社内アーキテクチャ:適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します CTERA独自のクラウドストレージゲートウェイテクノロジーにより、標準のLANネットワーキングプロトコルを使用してクラウドにアクセスすることが可能になります。また、CTERAアプライアンスはNASデバイスとしても機能し、CIFS、NFS、rsync、FTP、AFP、WebDAV、iSCSIをサポートします。
  • 完全な一元管理: CTERA Portalを使用すると、クラウドサービスのプロビジョニング、リモートアプライアンスの管理、およびユーザー管理のあらゆる側面を、使いやすいUIで制御できます。
  • マルチ階層のサポート: CTERA Portalのマルチ階層型マルチテナントアーキテクチャにより、サービスプロバイダはこのシステムを使用してチャネルパートナーにサービスを提供できます。同様に、企業のプライベートクラウド環境では、企業のIT部門が地域ごと、および部門ごとのソリューションを構築できます。
  • 包括的なデータ保護: 完全なバックアップ/リカバリ機能により、ファイルレベルおよびディスクレベル(ベアメタル)のバックアップが可能になります。ローカルコピーとクラウドコピーは、セルフヒーリング機能を備えたDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに格納されます。
  • 拡張性: ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、数十億ものファイル数と数PBのデータ容量まで拡張できるうえ、ファイルシステムの複雑さや制約が生じることもありません。CTERA Portalは、管理対象のリモートサイトとユーザー数を数万規模に拡張できます。

KGS Softwareは、SAP向けのアーカイブおよび文書管理用ソリューションを提供しています。このソリューションをデルのディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、SAPのライセンスモデルに基づいた、KGS Content Server4Storageプラットフォームを含む総合的なターンキー方式のアーカイブソリューションを実現できます。

  • ビジネス文書をSAPのトランザクションおよびワークフローに組み込むことにより、運用効率と生産性を向上する。
  • SAPのデータおよび文書のコンプライアンスアーカイブを実現する。
  • SAPのパフォーマンスが向上し、本番稼働データへの高速アクセスが可能になる。
  • データ移行プロジェクトが不要になる。
  • データベースと関連するライセンスのコストを削減できる。
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • アーカイブ済みの文書およびデータに、HTTPでどこからでも安全にアクセスできる。

ストレージコストを削減し、データの増加を管理しようとしているのに、既存のPACSベンダーによる相互運用性の問題が原因で実現できずにいませんか?DeJarnetteのxDL™(Cross-Enterprise Document Librarian)とDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにより、堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたDICOMオブジェクトアーカイブソリューションが実現します。xDLは、1つの管理部門の管理下で医用画像、検査結果、その他の関連文書を保存するための長期的な医療文書アーカイブです。これにより、お客様の施設のITスタッフが効率的に管理できる「ベンダーに依存しない」アーカイブを導入して、履歴データを管理できるようになります。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームでは、インテリジェントなピア拡張アーキテクチャにより、長期的ニーズと合致しない高コストかつ柔軟性に欠ける戦略にとらわれることなく、デジタルコンテンツの保存、管理、配信を効率よく効果的に実行できます。

  • 移行作業を最小限に抑える - xDLで履歴データを管理できるほか、xDLのインテリジェントなプリフェッチ機能やPACS再設定機能も利用できます。
  • 拡張性の向上を図る - 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量を1 TB単位で追加してPB単位の容量まで拡張し、数十億ものオブジェクトに対応することが可能です。
  • コストを削減する - リソースの共有、末端のPACSレガシーシステムの移行の支援、臨床用アプリケーションに影響を与えることなくストレージをアップグレードできる機能、および臨床用データの情報ライフサイクル管理(ILM)による古くなった不要データの自動削除機能を活用して、コストを削減します。
  • データの整合性を維持する - データの整合性を維持するために、すべての文書にチェックサムを適用し、データを転送する前にストレージ上で暗号化してデータのプライバシーを確保します。

デルとMerge Healthcareは、企業のイメージング戦略をサポートし、増え続けるデータの管理に役立つ統合アーカイブソリューションを提供しています。Merge iConnect® VNA™は、拡張性に優れ、ベンダーに依存しないアーカイブソリューションです。30以上の統合PACSで利用されており、1億を超える研究論文がアーカイブされています。

  • 治療の質の向上 - 治療中、どの組織からも現在と過去の画像や情報にアクセスできます。
  • コストの節約 - 管理、ストレージ、移行、および統合にかかる投資を削減します。
  • エンタープライズ戦略の策定 - ベンダーに依存しない標準ベースの単一ソリューションを使用して、複数のPACSを施設や部門全体で統合し、診断画像を患者の視点に立ったニーズに合わせて提供します。
  • 拡張性の向上 - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量をTB単位で追加し、最大でPB単位の容量に拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりすることが可能です。
  • パブリッククラウドへのデータ漏洩、セキュリティホールやコンプライアンスの課題の発生を防止する。
  • PC、タブレット、スマートフォン(AndroidおよびiOS)を介して、企業ファイアウォール内からファイルの同期および共有サービスを提供する。
  • 既存のバックアップおよびアーカイブ環境の互換性、柔軟性、拡張性を向上する。
  • オンデマンドのストレージソリューションとプライベートクラウドソリューションを構築する。
  • 数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる。

ハイパフォーマンスなファイルアーカイブインフラストラクチャ

Moonwalkとデルが提供する統合ファイル管理
Moonwalkは、データをプライマリストレージからストレージインフラストラクチャ内の別の階層に自動でアーカイブし、インテリジェントに管理する機能を提供します。Moonwalkはネットワーク対応で、プロジェクト、場所、ユーザー、グループ、サイズ、名前、時間別にデータ管理が可能です。そのため、ポリシーを使用したストレージの定義、割り当て、最適化が可能になり、TCOを削減することができるようになります。また、データの安全性を維持しつつ、迅速にアクセスできるようにすることも可能です。Moonwalkソフトウェアは、データの移行を管理するための単一のツールとして機能し、使用頻度の低いファイルをプライマリストレージからディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに自動的にアーカイブできます。アーカイブしたデータは、要求に応じて容易に取得できます。

  • 企業で扱うあらゆる種類の情報(データ、文書など)を監査に対応できる方法でアーカイブ
  • 包括的なデータ保持管理
  • 情報の完全なライフサイクル管理
  • 企業がソリューションに費やす予算やコストを可能な限り削減
  • 保存したオブジェクトの整合性を確実に維持するための継続的な自己管理
  • システムを停止することなく拡張できるため、成長に合わせて柔軟に対応可能

詳細については、 www.optimal-systems.de をご覧ください(現在、 このソリューションは欧州、中東、およびアフリカでご利用いただけます)。

データの大幅な増加、ファイルサーバの無秩序な増加、バックアップシステムの多様化に対応するために、拡張性に優れた、シンプルで管理しやすいストレージソリューションをお探しですか?Nasuni Filerは、エンドユーザーが標準的な共通インターネットファイルシステム(CIFS)およびネットワークファイルシステム(NFS)プロトコル経由でDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにアクセスできるようにする、仮想ファイルサーバアプライアンスです。このソリューションには、使いやすくダウンロード可能な仮想アプライアンスであるNasuni 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Filerと、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム内でのデータ利用パターンを把握することができる各種の管理/監視サービスを含むNasuni.comが付属しています。また、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの自己管理型のピア拡張アーキテクチャにより、ニーズに合わせて拡張できるため、容量とスループットの最適なバランスを実現できます。さらに、ダウンロード可能なNasuni Filerでは、拡張性が高いDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されている無数のデータセットを比較的少ないキャッシュで処理可能なため、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の大規模な移行が不要になります。

NTP Softwareのソリューションを利用すると、拡張性に優れたDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに手動または自動でファイルを移行できます。移行したファイルをEメールやその他のタイプのデータと組み合わせて、企業アーカイブとして統合できます。また、場所やストレージの種類、あるいはストレージのメーカーを問わず、1つのインターフェイスで手動のデータ管理プロセスを自動化し、シームレスに管理できるため、時間とコストを節約することができます。NTP SoftwareのソリューションとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの組み合わせによって、ファイルデータのリアルタイムでの移行が可能になり、管理/状況把握機能が強化されるため、ファイルデータをコスト効率に優れた方法で保存および管理できるようになります。DXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Node機能をNTP Softwareのソリューションと組み合わせて利用すると、オブジェクトを作成する際に圧縮ポリシーを指定することができます。またDXクラスタでは、アーカイブデータセットとバックアップデータセットが自動的に圧縮されます。

  • ファイルデータ環境の構造とファイルがどのように利用されているかについて把握できる
  • 大量のデータを長期間に渡ってアーカイブできるうえ、長期の保存に必要なコストとリソースを削減できる
  • ポリシーに基づく自動移行、ユーザーによる手動の移行、またはこれらの両方を利用することで、データの移行を柔軟に行うことができる
  • セットアップや複雑な管理を必要とせず、さらに従来のファイルストレージやブロックストレージのようなコストをかけることなく、数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる
  • ファイルデータ環境全体でのリアルタイムのファイルデータ管理、状況把握、監査のための機能を利用できる
  • システムパフォーマンスを維持し、すべてのユーザーが利用できるようにするために、適切な使用ポリシーを適用できる

Dell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されているデータをどのように検索していますか?例えば、3 TBのディスクに保存されている情報を検索しようとすれば、いろいろな問題が生じる可能性があります。インデックスが作成されていなければ、ディスクの容量が12 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します TB、24 TB、さらには48 TBと増えるにつれ、問題はさらに深刻になります。Perfect SearchアプライアンスはDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとシームレスに統合されるため、迅速、正確、かつ適切なデータアクセスが可能になります。Perfect Searchを利用すると、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上に保存されているファイルやデータのインデックスを作成でき、必要なデータを探すことができるようになります。Perfect Searchは、処理速度とコスト効率に優れており、検索テクノロジーソリューションの中で最も拡張性が高いソリューションの1つです。必要な情報を必要なときに見つけ出すための方法。それがPerfect Searchです。

  • あらゆる種類のデータソース/形式/種類の構造化データ、半構造化データ、非構造化データを1つのプラットフォームで保持
  • 機密データの保持と期限を決定するルールを設定し、ビジネスの機敏性を実現するためのニーズおよび企業ポリシーと業界標準のポリシーの順守に対応
  • バイナリデータとブロックデータの基本的な圧縮率以上の圧縮により、高度なデータ重複除外を実行
  • 1日あたり数十億単位のレコードを処理できるインジェスト速度で対応し、月あたりPB単位のデータを維持
  • データをオンラインでアクセス可能な状態に維持するためのTBあたりのコストを大幅に削減
  • アップグレードの際にもシステムの停止を必要としない、柔軟性に優れたピア拡張アーキテクチャを実現

Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとSTEALTH Content Store for Microsoft® SharePoint®

Microsoft® SharePoint®をコラボレーションツールとして使用する組織が急激に増えてきています。SharePoint®環境が拡大するにつれ、作業を中断させることなく拡張でき、コスト効率に優れたストレージアーキテクチャが必要になります。デルとSTEALTH Softwareは、Microsoft® SharePoint®に特化したシームレスで透過的なストレージインフラストラクチャを共同で開発しました。このソリューションの主なメリットは、以下の通りです。

  • ストレージインフラストラクチャの長期的な柔軟性
  • ユーザーやコンテンツに関する制限のないSharePoint®環境
  • ビジネスの継続性に関するニーズを満たす包括的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に影響を与えない、シームレスで透過的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に対する設備投資を削減可能

デルは、Dell DXオブジェクトストレージパートナーであるStoredIQと連携して、企業コンテンツを管理し、さらに電子情報開示と訴訟対応準備に取り組むための包括的なソリューションを提供しています。StoredIQ Intelligent Information Management PlatformとDell 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します DXオブジェクトストレージを組み合わせることで、インテリジェントな訴訟ホールドと文書保存が可能になり、電子情報開示のための重要なプロセスに対応できます。StoredIQのソリューションを使うと、Dell DXオブジェクトストレージ(電子的に保存された情報を変更できないように保存するための分離されたリポジトリ)に関連データのコピーや移動を行うことができます。StoredIQのソリューションでは、ファイルを保存したり削除したりするための記録保持ポリシーを自動で適用し、完全な監査ログを作成できます。また、デジタル署名や、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上でStoredIQソリューションによって管理されているすべてのデータオブジェクトのメタデータプロパティの完全なセットを保護することも可能です。

  • 電子情報(ESI)に関する訴訟ホールドプロセスの実装と管理の機能を強化することで、証拠を破棄するリスクを軽減
  • すべてのメタデータを保護し、デジタル署名を記録して、失われたデータがないことを証明
  • 徹底した統合により、ベンダー固有のデータ保持属性を自動で設定可能
  • 保持ポリシーの期限が切れた記録を自動で期限切れにして破棄

Symantec Enterprise VaultソフトウェアとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームソリューションは、長期的なデータ保持のためのソリューションを提供します。この組み合わせにより、データの重複コピーを削減し、ストレージコストを抑え、訴訟や規制に関するコストも削減することができます。デルとSymantecが提供するソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 非構造化情報およびデータの大幅な増加を抑制
  • データのライフタイム全体を通じて、保持ポリシーと有効期限ポリシーを繰り返し適用
  • 迅速かつ効率的な検索のために情報を一元管理
  • データの維持、レプリケーション、配信、および削除をポリシーベースで安全かつ自動的に実行
  • 既存のストレージ環境への簡単な統合
  • 患者の治療に不可欠なコンテンツに、医師が1つの画面からワンクリックでアクセス可能
  • 1つの部門から複数の施設にまで拡張可能
  • HIPAAコンプライアンスの要件に対応

データの長期維持に関する要件と規制により、医療機関は将来的なデータの増加に対応するための準備として、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)やHL7(Health Level Seven International)などの規格に準拠したソリューションの選択を迫られています。Telepaxx e-pacsは、PACSアプリケーションとストレージテクノロジーの両方で利用できる抽象レイヤを備えています。これにより、データの所有権を明確にして、データの長期に渡る利用が可能になります。Telepaxxとデルが提供するこの統合ソリューションでは、e-pacsテクノロジーを活用して、現場環境でDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと、こうしたPACS(画像アーカイブ通信システム)アプリケーションとの完全な連携を実現しています。

医療データのプライバシーは、非常に重要な問題です。特に欧州地域では、数多くの規制への準拠が求められています。Telepaxxでは現在、欧州全体のプライバシー規制に準拠できるように、EuroPriSe(European Privacy Seal)の認定取得を申請中です。

  • Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを使用した施設でのローカルストレージ管理
  • プライバシーの認証を行うプライベートストレージクラウド(例えば特定の研究グループに限定など)
  • 医療機関のプライバシーニーズに合わせてプライバシーの認証を行うパブリックストレージクラウド

デルとUnis Vitovaは共同で、エンタープライズクラスの包括的なデジタルドキュメントアーカイブソリューションを開発しています。Unis Vitova TH-SCAN & TH-AMSソリューションをDX™オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることで、物理的な文書をデジタル画像に変換でき、包括的な保護と検索が可能になります。Unis Vitovaは、データの効果的な取得、管理、および制御機能を提供します。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、拡張性、安全性、およびコスト効率に優れたストレージを提供し、構造化された数十億もの項目に対応できるように設計されています。

  • エンタープライズクラスの高度なデジタルアーカイブ管理システムと自動管理プロセス
  • 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
  • さまざまな種類の画像を効率的に管理できる画像の自動保存方式
  • ファイルと画像を簡単に監視および管理できるログ管理システム
  • データのバックアップとリモートでのディザスタリカバリを可能にする効率的な画像転送テクノロジー
  • エンタープライズクラスのコンプライアンスを簡単に実現

企業が電子情報開示、コンプライアンス、レコード管理、およびストレージ管理用のソリューションを場当たり的に導入した結果、データの「サイロ化」が数多く発生し、今では解決できないほど多くの問題が引き起こされています。企業はこうした状況を痛切に実感しています。データのサイロ化によって生じる主な問題は、サイロ間でデータコピーが重複する、検索結果が一致しない(サイロごとに検索エンジンや検索機能が異なるため)、データ保持ポリシーに整合性がない、の3つです。これらの問題が組み合わさると、データを管理できなくなります。これに対し、ZL TechnologiesとそのUnified Archive®ソフトウェアは、すべてのサイロを1つのシステムに統合することで、データを完全に管理できるようにします。この強力なストレージとアーカイブのソリューションをDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、コンプライアンス、電子情報開示、レコード管理、およびストレージ管理に必要なファイル共有、Eメール、SharePointファイルなどの非構造化データをすべて完全に管理できるようになります。

Dell DXオブジェクトストレージテクノロジーパートナー

Atempoとデルは、企業や業界固有のポリシーを順守しつつデータの管理とアーカイブのコストを削減するという課題の解決に役立つソリューションを、共同で提供しています。Atempo Digital ArchiveとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることにより、適切な方法でのデータの長期保存が可能になり、さらに、ピア拡張アーキテクチャを活用することができるようになります。

  • 長期間のデータ保持に適した高度なファイルアーカイブの活用
  • ストレージコストの最適化とビジネスの成長に合わせたストレージの拡張
  • 冗長データの大幅な重複除外、およびバックアップウィンドウの短縮
  • 長期的なアーカイブ、データ量、および保存の一元管理
  • 階層型ストレージの自動ポリシーまたはユーザーが適用するポリシーの実装

- PACS(DICOM)、患者記録、および非構造化コンテンツの管理
- 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
- 数十億ものオブジェクトに拡張
- 画像の自動保存方式により、さまざまな種類の画像を効率的に管理
- ログ管理システムによる容易な監視と管理
- 効率的な画像転送テクノロジーによる、信頼性に優れたデータのバックアップとリモートでのディザスタリカバリ

- マルチスレッド機能 - バッチファイルおよび大規模なファイルの処理に適した、優れた読み取り/書き込み性能
- 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します DXカスタムメタデータのサポート - オブジェクトファイルをカスタマイズできる優れた柔軟性
- データベースバックアップのアーカイブ – 社内データベースをDXにバックアップし、ディザスタリカバリソリューションで使用可能にすることで、データの整合性と信頼性を向上

DXオブジェクトストレージの新しい機能であるDX6000G Storage Compression Nodeにより、AvePointでは、データを移動させることなく、アーカイブされたデータセットやSharePointバイナリラージオブジェクト(BLOB)を圧縮することができます。これは、「保存データの最適化」と呼ばれている方法です。コンプライアンスで必要となる古いSharePointデータやアーカイブされたSharePointデータセットのサイズを小さくする際に、データを別の場所に移動させたり、圧縮後に元のストレージにデータを戻すという処理をする必要がありません。AvePointは、ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにあるSharePointコンテンツのメタデータをアップデートして圧縮できるようにするだけで、後はDXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Nodeが自動で処理を行います。

  • ファイル共有、Exchangeのパブリックフォルダ、および旧バージョンのSharePointからSharePoint 2010への迅速な移行
  • SharePointコンテンツをSQLストレージから、柔軟性と拡張性に優れたオブジェクトベースのストレージにオフロードすることで、SharePointのパフォーマンスを向上
  • ポリシーに基づいたコンテンツのライフサイクルの自動管理により、SharePointストレージにかかるコストを削減し、情報収集機能を強化
  • 厳密な目標リカバリポイント(RPO)を実現できるように、コンテンツ、インデックスサーバ、WebフロントエンドエレメントなどのSharePoint資産を保護
  • 目標リカバリ時間(RTO)を短縮するために、SharePointコンテンツと資産を迅速に細かく復元(完全な状態のメタデータを含む)
  • ビジネスニーズに応じて、PB単位の容量にまで拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりできる柔軟性を活かし、業務を中断させることなく、各自のペースで拡張
  • 共通のストレージインフラストラクチャを利用することで、組織全体でのデータのサイロ化を回避
  • 複数の形式またはPACSのDICOMデータを一元管理できる場所に保存
  • 検索可能なアーカイブを複数コピーすることで、患者記録や患者に関する文書のスキャンデータを保護
  • Microsoft® Exchange、SharePoint®、Windows®やLinux®のファイルシステムのデータを管理
  • DX6000G Storage Compression Node機能の活用(オブジェクトの作成時にアーカイブおよびバックアップデータセットに圧縮ポリシーを適用する、など)
  • プライマリストレージのスペースの解放、データ保持の管理、情報ガバナンスのニーズへの対応
  • 付属のグローバルな重複除外機能により、不要なデータを90 %削減
  • 1つのリポジトリにバックアップデータとアーカイブデータをすべて保存し、両方を検索可能
  • 付属のストレージリソース管理機能を使用して、ストレージ使用率と運用効率を追跡可能
  • コーポレートガバナンスの要件を満たすために、データの保持と廃棄に関するポリシーを自動で適用
  • 共通のインターフェイスを使用した、法的に正当な情報管理戦略が利用可能
  • ポリシーベースの一元管理により、データのライフサイクルを通じて、場所を問わずにデータの複数コピー、保持、アクセスを管理可能

CTERA Networks Cloud Attached Storage®ソリューションとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることで、サービスプロバイダと企業ユーザーはいずれも、CTERA Portalによる一元的なプロビジョニングと管理、およびCTERAクラウドストレージゲートウェイによるリモートサイトからの高速アクセスを利用して、ストレージ管理、コラボレーション、およびデータ保護サービスを提供できるようになります。このソリューションは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)や、ローミングを利用するノートパソコンユーザーのために、ストレージ、データ保護、コラボレーションを効率的に管理する方法を探している企業に最適です。また、中小規模ビジネスやミッドマーケットの顧客企業向けにストレージベースのクラウドサービスの提供を始めたいと考えるサービスプロバイダにとっても役立ちます。

  • ハイブリッドクラウドと社内アーキテクチャ: CTERA独自のクラウドストレージゲートウェイテクノロジーにより、標準のLANネットワーキングプロトコルを使用してクラウドにアクセスすることが可能になります。また、CTERAアプライアンスはNASデバイスとしても機能し、CIFS、NFS、rsync、FTP、AFP、WebDAV、iSCSIをサポートします。
  • 完全な一元管理: CTERA Portalを使用すると、クラウドサービスのプロビジョニング、リモートアプライアンスの管理、およびユーザー管理のあらゆる側面を、使いやすいUIで制御できます。
  • マルチ階層のサポート: CTERA Portalのマルチ階層型マルチテナントアーキテクチャにより、サービスプロバイダはこのシステムを使用してチャネルパートナーにサービスを提供できます。同様に、企業のプライベートクラウド環境では、企業のIT部門が地域ごと、および部門ごとのソリューションを構築できます。
  • 包括的なデータ保護: 完全なバックアップ/リカバリ機能により、ファイルレベルおよびディスクレベル(ベアメタル)のバックアップが可能になります。ローカルコピーとクラウドコピーは、セルフヒーリング機能を備えたDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに格納されます。
  • 拡張性: ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、数十億ものファイル数と数PBのデータ容量まで拡張できるうえ、ファイルシステムの複雑さや制約が生じることもありません。CTERA Portalは、管理対象のリモートサイトとユーザー数を数万規模に拡張できます。

KGS Softwareは、SAP向けのアーカイブおよび文書管理用ソリューションを提供しています。このソリューションをデルのディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、SAPのライセンスモデルに基づいた、KGS Content Server4Storageプラットフォームを含む総合的なターンキー方式のアーカイブソリューションを実現できます。

  • ビジネス文書をSAPのトランザクションおよびワークフローに組み込むことにより、運用効率と生産性を向上する。
  • SAPのデータおよび文書のコンプライアンスアーカイブを実現する。
  • SAPのパフォーマンスが向上し、本番稼働データへの高速アクセスが可能になる。
  • データ移行プロジェクトが不要になる。
  • データベースと関連するライセンスのコストを削減できる。
  • アーカイブ済みの文書およびデータに、HTTPでどこからでも安全にアクセスできる。

ストレージコストを削減し、データの増加を管理しようとしているのに、既存のPACSベンダーによる相互運用性の問題が原因で実現できずにいませんか?適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します DeJarnetteのxDL™(Cross-Enterprise Document Librarian)とDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにより、堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたDICOMオブジェクトアーカイブソリューションが実現します。xDLは、1つの管理部門の管理下で医用画像、検査結果、その他の関連文書を保存するための長期的な医療文書アーカイブです。これにより、お客様の施設のITスタッフが効率的に管理できる「ベンダーに依存しない」アーカイブを導入して、履歴データを管理できるようになります。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームでは、インテリジェントなピア拡張アーキテクチャにより、長期的ニーズと合致しない高コストかつ柔軟性に欠ける戦略にとらわれることなく、デジタルコンテンツの保存、管理、配信を効率よく効果的に実行できます。

  • 移行作業を最小限に抑える - xDLで履歴データを管理できるほか、xDLのインテリジェントなプリフェッチ機能やPACS再設定機能も利用できます。
  • 拡張性の向上を図る - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量を1 TB単位で追加してPB単位の容量まで拡張し、数十億ものオブジェクトに対応することが可能です。
  • コストを削減する - リソースの共有、末端のPACSレガシーシステムの移行の支援、臨床用アプリケーションに影響を与えることなくストレージをアップグレードできる機能、および臨床用データの情報ライフサイクル管理(ILM)による古くなった不要データの自動削除機能を活用して、コストを削減します。
  • データの整合性を維持する - データの整合性を維持するために、すべての文書にチェックサムを適用し、データを転送する前にストレージ上で暗号化してデータのプライバシーを確保します。

デルとMerge Healthcareは、企業のイメージング戦略をサポートし、増え続けるデータの管理に役立つ統合アーカイブソリューションを提供しています。Merge iConnect® VNA™は、拡張性に優れ、ベンダーに依存しないアーカイブソリューションです。30以上の統合PACSで利用されており、1億を超える研究論文がアーカイブされています。

  • 治療の質の向上 - 治療中、どの組織からも現在と過去の画像や情報にアクセスできます。
  • コストの節約 - 管理、ストレージ、移行、および統合にかかる投資を削減します。
  • エンタープライズ戦略の策定 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します - ベンダーに依存しない標準ベースの単一ソリューションを使用して、複数のPACSを施設や部門全体で統合し、診断画像を患者の視点に立ったニーズに合わせて提供します。
  • 拡張性の向上 - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量をTB単位で追加し、最大でPB単位の容量に拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりすることが可能です。
  • パブリッククラウドへのデータ漏洩、セキュリティホールやコンプライアンスの課題の発生を防止する。
  • PC、タブレット、スマートフォン(AndroidおよびiOS)を介して、企業ファイアウォール内からファイルの同期および共有サービスを提供する。
  • 既存のバックアップおよびアーカイブ環境の互換性、柔軟性、拡張性を向上する。
  • オンデマンドのストレージソリューションとプライベートクラウドソリューションを構築する。
  • 数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる。

ハイパフォーマンスなファイルアーカイブインフラストラクチャ

Moonwalkとデルが提供する統合ファイル管理
Moonwalkは、データをプライマリストレージからストレージインフラストラクチャ内の別の階層に自動でアーカイブし、インテリジェントに管理する機能を提供します。Moonwalkはネットワーク対応で、プロジェクト、場所、ユーザー、グループ、サイズ、名前、時間別にデータ管理が可能です。そのため、ポリシーを使用したストレージの定義、割り当て、最適化が可能になり、TCOを削減することができるようになります。また、データの安全性を維持しつつ、迅速にアクセスできるようにすることも可能です。Moonwalkソフトウェアは、データの移行を管理するための単一のツールとして機能し、使用頻度の低いファイルをプライマリストレージからディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに自動的にアーカイブできます。アーカイブしたデータは、要求に応じて容易に取得できます。

  • 企業で扱うあらゆる種類の情報(データ、文書など)を監査に対応できる方法でアーカイブ
  • 包括的なデータ保持管理
  • 情報の完全なライフサイクル管理
  • 企業がソリューションに費やす予算やコストを可能な限り削減
  • 保存したオブジェクトの整合性を確実に維持するための継続的な自己管理
  • システムを停止することなく拡張できるため、成長に合わせて柔軟に対応可能

詳細については、 www.optimal-systems.de をご覧ください(現在、 このソリューションは欧州、中東、およびアフリカでご利用いただけます)。

データの大幅な増加、ファイルサーバの無秩序な増加、バックアップシステムの多様化に対応するために、拡張性に優れた、シンプルで管理しやすいストレージソリューションをお探しですか?Nasuni Filerは、エンドユーザーが標準的な共通インターネットファイルシステム(CIFS)およびネットワークファイルシステム(NFS)プロトコル経由でDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにアクセスできるようにする、仮想ファイルサーバアプライアンスです。このソリューションには、使いやすくダウンロード可能な仮想アプライアンスであるNasuni Filerと、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム内でのデータ利用パターンを把握することができる各種の管理/監視サービスを含むNasuni.適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します comが付属しています。また、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの自己管理型のピア拡張アーキテクチャにより、ニーズに合わせて拡張できるため、容量とスループットの最適なバランスを実現できます。さらに、ダウンロード可能なNasuni Filerでは、拡張性が高いDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されている無数のデータセットを比較的少ないキャッシュで処理可能なため、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の大規模な移行が不要になります。

NTP Softwareのソリューションを利用すると、拡張性に優れたDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに手動または自動でファイルを移行できます。移行したファイルをEメールやその他のタイプのデータと組み合わせて、企業アーカイブとして統合できます。また、場所やストレージの種類、あるいはストレージのメーカーを問わず、1つのインターフェイスで手動のデータ管理プロセスを自動化し、シームレスに管理できるため、時間とコストを節約することができます。NTP SoftwareのソリューションとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの組み合わせによって、ファイルデータのリアルタイムでの移行が可能になり、管理/状況把握機能が強化されるため、ファイルデータをコスト効率に優れた方法で保存および管理できるようになります。DXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Node機能をNTP Softwareのソリューションと組み合わせて利用すると、オブジェクトを作成する際に圧縮ポリシーを指定することができます。またDXクラスタでは、アーカイブデータセットとバックアップデータセットが自動的に圧縮されます。

  • ファイルデータ環境の構造とファイルがどのように利用されているかについて把握できる
  • 大量のデータを長期間に渡ってアーカイブできるうえ、長期の保存に必要なコストとリソースを削減できる
  • ポリシーに基づく自動移行、ユーザーによる手動の移行、またはこれらの両方を利用することで、データの移行を柔軟に行うことができる
  • セットアップや複雑な管理を必要とせず、さらに従来のファイルストレージやブロックストレージのようなコストをかけることなく、数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる
  • ファイルデータ環境全体でのリアルタイムのファイルデータ管理、状況把握、監査のための機能を利用できる
  • システムパフォーマンスを維持し、すべてのユーザーが利用できるようにするために、適切な使用ポリシーを適用できる

Dell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されているデータをどのように検索していますか?例えば、3 TBのディスクに保存されている情報を検索しようとすれば、いろいろな問題が生じる可能性があります。インデックスが作成されていなければ、ディスクの容量が12 TB、24 TB、さらには48 TBと増えるにつれ、問題はさらに深刻になります。Perfect SearchアプライアンスはDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとシームレスに統合されるため、迅速、正確、かつ適切なデータアクセスが可能になります。Perfect Searchを利用すると、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上に保存されているファイルやデータのインデックスを作成でき、必要なデータを探すことができるようになります。Perfect Searchは、処理速度とコスト効率に優れており、検索テクノロジーソリューションの中で最も拡張性が高いソリューションの1つです。必要な情報を必要なときに見つけ出すための方法。それがPerfect Searchです。

  • あらゆる種類のデータソース/形式/種類の構造化データ、半構造化データ、非構造化データを1つのプラットフォームで保持
  • 機密データの保持と期限を決定するルールを設定し、ビジネスの機敏性を実現するためのニーズおよび企業ポリシーと業界標準のポリシーの順守に対応
  • バイナリデータとブロックデータの基本的な圧縮率以上の圧縮により、高度なデータ重複除外を実行
  • 1日あたり数十億単位のレコードを処理できるインジェスト速度で対応し、月あたりPB単位のデータを維持
  • データをオンラインでアクセス可能な状態に維持するためのTBあたりのコストを大幅に削減
  • アップグレードの際にもシステムの停止を必要としない、柔軟性に優れたピア拡張アーキテクチャを実現

Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとSTEALTH Content Store for Microsoft® SharePoint®

Microsoft® SharePoint®をコラボレーションツールとして使用する組織が急激に増えてきています。SharePoint®環境が拡大するにつれ、作業を中断させることなく拡張でき、コスト効率に優れたストレージアーキテクチャが必要になります。デルとSTEALTH Softwareは、Microsoft® SharePoint®に特化したシームレスで透過的なストレージインフラストラクチャを共同で開発しました。このソリューションの主なメリットは、以下の通りです。

  • ストレージインフラストラクチャの長期的な柔軟性
  • ユーザーやコンテンツに関する制限のないSharePoint®環境
  • ビジネスの継続性に関するニーズを満たす包括的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に影響を与えない、シームレスで透過的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に対する設備投資を削減可能

デルは、Dell DXオブジェクトストレージパートナーであるStoredIQと連携して、企業コンテンツを管理し、さらに電子情報開示と訴訟対応準備に取り組むための包括的なソリューションを提供しています。StoredIQ Intelligent Information Management PlatformとDell DXオブジェクトストレージを組み合わせることで、インテリジェントな訴訟ホールドと文書保存が可能になり、電子情報開示のための重要なプロセスに対応できます。StoredIQのソリューションを使うと、Dell DXオブジェクトストレージ(電子的に保存された情報を変更できないように保存するための分離されたリポジトリ)に関連データのコピーや移動を行うことができます。StoredIQのソリューションでは、ファイルを保存したり削除したりするための記録保持ポリシーを自動で適用し、完全な監査ログを作成できます。また、デジタル署名や、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上でStoredIQソリューションによって管理されているすべてのデータオブジェクトのメタデータプロパティの完全なセットを保護することも可能です。

  • 電子情報(ESI)に関する訴訟ホールドプロセスの実装と管理の機能を強化することで、証拠を破棄するリスクを軽減
  • すべてのメタデータを保護し、デジタル署名を記録して、失われたデータがないことを証明
  • 徹底した統合により、ベンダー固有のデータ保持属性を自動で設定可能
  • 保持ポリシーの期限が切れた記録を自動で期限切れにして破棄

Symantec Enterprise VaultソフトウェアとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームソリューションは、長期的なデータ保持のためのソリューションを提供します。この組み合わせにより、データの重複コピーを削減し、ストレージコストを抑え、訴訟や規制に関するコストも削減することができます。デルとSymantecが提供するソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 非構造化情報およびデータの大幅な増加を抑制
  • データのライフタイム全体を通じて、保持ポリシーと有効期限ポリシーを繰り返し適用
  • 迅速かつ効率的な検索のために情報を一元管理
  • データの維持、レプリケーション、配信、および削除をポリシーベースで安全かつ自動的に実行
  • 既存のストレージ環境への簡単な統合
  • 患者の治療に不可欠なコンテンツに、医師が1つの画面からワンクリックでアクセス可能
  • 1つの部門から複数の施設にまで拡張可能
  • HIPAAコンプライアンスの要件に対応

データの長期維持に関する要件と規制により、医療機関は将来的なデータの増加に対応するための準備として、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)やHL7(Health Level Seven International)などの規格に準拠したソリューションの選択を迫られています。Telepaxx e-pacsは、PACSアプリケーションとストレージテクノロジーの両方で利用できる抽象レイヤを備えています。これにより、データの所有権を明確にして、データの長期に渡る利用が可能になります。Telepaxxとデルが提供するこの統合ソリューションでは、e-pacsテクノロジーを活用して、現場環境でDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと、こうしたPACS(画像アーカイブ通信システム)アプリケーションとの完全な連携を実現しています。

医療データのプライバシーは、非常に重要な問題です。特に欧州地域では、数多くの規制への準拠が求められています。Telepaxxでは現在、欧州全体のプライバシー規制に準拠できるように、EuroPriSe(European Privacy Seal)の認定取得を申請中です。

    適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを使用した施設でのローカルストレージ管理
  • プライバシーの認証を行うプライベートストレージクラウド(例えば特定の研究グループに限定など)
  • 医療機関のプライバシーニーズに合わせてプライバシーの認証を行うパブリックストレージクラウド

デルとUnis Vitovaは共同で、エンタープライズクラスの包括的なデジタルドキュメントアーカイブソリューションを開発しています。Unis Vitova TH-SCAN & TH-AMSソリューションをDX™オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることで、物理的な文書をデジタル画像に変換でき、包括的な保護と検索が可能になります。Unis Vitovaは、データの効果的な取得、管理、および制御機能を提供します。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、拡張性、安全性、およびコスト効率に優れたストレージを提供し、構造化された数十億もの項目に対応できるように設計されています。

  • エンタープライズクラスの高度なデジタルアーカイブ管理システムと自動管理プロセス
  • 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
  • さまざまな種類の画像を効率的に管理できる画像の自動保存方式
  • ファイルと画像を簡単に監視および管理できるログ管理システム
  • データのバックアップとリモートでのディザスタリカバリを可能にする効率的な画像転送テクノロジー
  • エンタープライズクラスのコンプライアンスを簡単に実現

企業が電子情報開示、コンプライアンス、レコード管理、およびストレージ管理用のソリューションを場当たり的に導入した結果、データの「サイロ化」が数多く発生し、今では解決できないほど多くの問題が引き起こされています。企業はこうした状況を痛切に実感しています。データのサイロ化によって生じる主な問題は、サイロ間でデータコピーが重複する、検索結果が一致しない(サイロごとに検索エンジンや検索機能が異なるため)、データ保持ポリシーに整合性がない、の3つです。これらの問題が組み合わさると、データを管理できなくなります。これに対し、ZL TechnologiesとそのUnified Archive®ソフトウェアは、すべてのサイロを1つのシステムに統合することで、データを完全に管理できるようにします。この強力なストレージとアーカイブのソリューションをDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、コンプライアンス、電子情報開示、レコード管理、およびストレージ管理に必要なファイル共有、Eメール、SharePointファイルなどの非構造化データをすべて完全に管理できるようになります。

2015年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査

2015年度(2015年4月‐2016年3月)に「不適切な会計・経理」を開示した上場企業は58社(58件)で、2007年4月の調査開始から年度ベースで最多を記録した。 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
開示企業は、東証1部が29社で全体の半数を占めた。発生当事者別は、「子会社・関連会社」が26社(構成比44.8%)と、前年度(16社)から10社増加した。具体的な内容では、「誤り」など単純なミス以外に、「着服」、「業績や営業ノルマ達成を動機とする架空売上」、「循環取引」など、コンプライアンス意識の欠落や業績低迷を糊塗した要因が多かった。
産業別では、前年度に続き製造業が最も多く、国内外に製造拠点や営業拠点を多く展開するメーカーに不適切会計が集中した格好となった。
監査法人等による厳格な監査が進められるなか、(株)東芝(TSR企業コード:350323097、法人番号:2010401044997、港区)の不適切会計など、大手企業の不適切会計が相次いで発覚しており、企業のコンプライアンスが改めて問われている。

  • ※ 本調査は、自社開示、金融庁、東京証券取引所などの公表資料を基に、「不適切な会計・経理」で過年度決算に影響が出た、あるいは今後影響の可能性があることを開示した上場企業、有価証券報告書提出企業を対象に集計した。
  • ※ 開示企業を対象として社数をカウントし、同一企業が年度内に2回以上内容が異なって開示した場合は、「件数」も表示するが、2015年度は2回以上の開示企業はなかった。
  • ※ 業種分類は、証券コード協議会の業種分類に基づく。上場区分は、東証1部、同2部、マザーズ、JASDAQ、名古屋1部、同2部、セントレックス、アンビシャス、福岡、Qボード。

年度別推移 2015年度は過去最多を更新

年度別3月の開示社数 2015年度は前年の2倍

2013年度から2015年度までの3年間で各年度の3月中における開示社数は、2013年度が1社、2014年度は7社、2015年度は14社と2014年度に比べ2倍増と急増した。2015年度の58社のうち、3月に約4分の1(構成比 24.1%)が集中した。
2016年3月、金融庁は会計監査の信頼性確保を提言し指導しており、こうした施策の効果が表れた格好だ。

内容別 「粉飾」が最多の22社

不適切会計の内容(動機)は、「利益水増し」や「費用支払いの先送り」、「代理店への押込み販売」や「損失隠し」など、業績や営業ノルマ達成を目的とした事実上の『粉飾』が22社(構成比37.9%)で最多だった。
次いで、経理ミスなどの『誤り』が20社(同34.4%)、会社資金の『着服』が14社(同24.1%)と続く。
子会社が当事者のケースでは、親会社向けに業績や予算達成を偽装した不適切会計が多い。また、役員らが関与した「役員への不正な利益供与」や「元従業員による会社資金の着服横領」などコンプライアンス意識の欠落した事例もあった。不適切会計の動機は、多様化している。

発生当事者別 「子会社・関係会社」が26社でトップ

発生当事者別では、「子会社・関係会社」が26社(構成比44.8%)で、前年度16社から10社増加した。子会社による売上原価の過小計上や在庫操作、さらには支払い費用の先送りなど、利益捻出を目的とした不正経理、子会社従業員による架空取引や着服横領なども少なくない。
監査の目が行き届きにくい子会社・関係会社で、コンプライアンスが徹底されにくいケースが露呈したといえる。
「会社」は20社(構成比34.4%)だったが、経理処理のミスを指摘されたものが大半だった。「従業員」は、8社(同13.7%)で、着服横領のほか、代理店に対する押込み販売など、営業成績のプレッシャーから架空取引に手を染めたケースがあった。過度の成績至上主義が動機となっているようだ。

市場別推移 東証1部が29社でトップ

産業別 製造業が21社で最多

2015年度は、東芝の不適切会計が大きな話題となった。コンプライアンスを徹底しなかった代償として企業は国内外でダメージを受けるが、投資家や従業員、取引先など、あらゆるステークホルダーも大きな損失を被ることになる。
金融庁や公認会計士協会も、会計不祥事が監査の信頼を揺るがすとして、監査法人等が適切に監査業務を実施できる体制整備に取り組んでいる。金融庁は、「会計監査の在り方に関する懇談会」を設置、監査の信頼性確保の取り組みについての議論を公表している。公認会計士協会も、2016年2月~3月にかけて全ての監査法人や監査事務所に監査体制の緊急調査を行った。こうした取り組みもあり、監査法人や監査を受ける企業側もコンプライアンス意識が否応なしに高まっている。
2015年度の上場企業の不適切会計は58社で、3年前の2013年(38社)の約1.5倍となった。これはリーマン・ショック以降の景気低迷時の不適切な対応が、この時期になって発覚してきたケースや、厳密な監査を求める機運が高まり、不適切会計が炙り出されたケースなどがある。 経済のグローバル化で、上場企業が海外子会社等を通じて国外取引を行う機会も増えている。目の届きにくい海外子会社との取引は、不正取引が潜む温床ともなりやすい。2015年度の当事者別では、「子会社・関係会社」が26社(前年度16社)と急増している。不正取引を見逃さない監査体制の整備を推し進めると同時に、不適切な取引・会計を許さない社内システムの構築が課題になっている。
不適切会計の開示は、企業側のコンプライアンス意識の徹底と、監査法人等の監査体制の強化バランスで成り立っている。2015年度の不適切会計は、2007年度以降で最多の58件を記録したが、東芝を含めて、国際的な競争のなかで業績至上主義が跋扈すると、営業現場には過大なプレッシャーがかかり、個人だけでなく、時には組織ぐるみで不適切会計や不正会計に走ることを示している。
投資家は、自己資本利益率(ROE)など上場企業の「稼ぐ力」を一つの指標として投資判断を行う。また、企業側は新興国の台頭により国際競争力を確保するためには、今まで以上にスピード感のある判断と業績を求められる。
「経営計画は必ず達成する」という命題を抱えて、現実逃避的な対応が時に不適切会計へと向かわせるのかも知れない。だが、企業が投資家の期待に応えるには、業績とともに、企業監査を含めたガバナンス体制の構築も最優先課題として浮上している。

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します

しかし、原価管理を行うにはさまざまなデータや計算を行う必要があるため、手間がかかります。

と考えている組織管理者の方もいらっしゃるでしょう。
今回は、マネジメント手法としての「原価管理」について解説し、原価管理を効率的に行うシステムについてご紹介します。

原価管理とは

1962年に大蔵省(現在の財務省)が制定した「原価計算基準」によると原価計算には、 大きく分けて
「販売価格決定」「コスト把握」「予算の管理・編成」「経営計画の策定」「財務諸表や決算書の作成」
の5つの目的があると定義されています。

簡単に言えば、利益管理の取り組みとして製品の製造に必要となる「原価」を管理することです。

「コスト・マネジメント(Cost Management)」 ともいい、特に製造業で用いられてきましたが、
近年では経営環境の変化から幅広い業種で活用されるようになりました。

原価管理には、考え方がいくつかあります。

そのうちの1つが、 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します VE(Value Engineering) と呼ばれる、製品機能とコストの関係から「価値」をコントロールしていくもので、
「価値=機能/価格」で表されます。
これは、 お客様にとってより「価値」が高くなるような製品・サービスを提供しようという考え方 です。

また、製品やサービスの原価の8割は、その製品の仕様を決めたときに決まるといわれています。
そのため、製品が世の中に誕生する前の開発段階から、 「どれだけのコストを費やして、どれだけの利益を得るか」を考える 「原価企画」 という考え方があります。

原価とは、「製品やサービスに必要なコストを集計したもの」のことです。
例えば、仕入れ原価や製造原価などが挙げられます。

【仕入れ原価】. スーパーやコンビニなど、小売店が完成した商品を仕入れて販売するときの原価です。
商品の仕入れ価格に小売店の人件費などの経費がプラスされたものとなっています。

【製造原価】 . 製造業者が原材料を仕入れて加工したときの原価で、材料費、労務費、経費を全て足したものです。
(この中で経費とは、材料費や労務費に入らない原価をまとめたもので、工場や倉庫のレンタル料、設備類の減価償却費、光熱費などが含まれています)

直接費 とは、「製品を作るために 直接的に 関わっている費用」のこと、
間接費 とは、「製品を作るために 間接的に 関わっている費用」のことです。

この2つの原価に販売費や一般管理費を足したものが総原価です。

◆ 原価計算との違いは?

【原価計算】. 製品やサービス1単位にかかる原価を、目的に応じて正確に計算して把握するという手続きのことです。

【原価管理】 . 基準となる原価を設定して基準から外れないように物事を統制し、時には基準よりも原価を下げる取り組みをすることです。

原価管理の目的を理解する

原価管理の目的は 「製品やサービスの原価を正確に把握したり、製品やサービスが持つ価値と利益に応じた価格設定をしたりすること」 です。
大まかに分けると、その役割は"リスク管理""利益管理"の2つがあります。

(1)過剰・不足など "リスク管理のため"

そのため、原価管理によって 原価変動のリスクを予測し、対策を立てることで利益の低下や損失を最小限に抑えることが重要 です。

(2)"利益管理"と拡大のため

原価管理を実行する重要なもう1つの目的は、 自社の利益を正しく管理・把握し、さらに大きな収益に結び付けていくこと です。

この 原価管理 の活動を繰り返し継続的に実行し続けることによって、安定して利益を出し続けられる黒字体質の会社になることができる のです。

原価管理に必要な4つの手順

①標準価格(原価)の設定

「標準原価の設定」とは、長期的にこの商品1つ当たりの原価はいくらに設定しようというように、
計算の基準となる「標準原価」を概算で決定することです。

これを元に、1販売当たりの利益を算出します。標準原価は計画上の原価ですが、実際にかかった原価を「実際原価」と呼びます。

標準原価は開発前に設定する大まかな目標値であるため、実際の原価との違いは完全に予測することはできません。
事前に 有効なマーケティング を行うことによって、マーケットの相場から見て適切な標準原価を設定しなければいけません。

また 利益とのバランス も考えなければなりません。
数字が大きすぎず小さすぎず適正になるように、過去のデータなどに基づいて、正常に生産された場合の原価を計算します。

開発・生産段階に入ってから、材料費・労務費・経費などを明らかにし、原価に含まれるものは合理的な計算のもとでカウントします。
原価計算は、正確な利益を知るための手段となります。
そして、その数値はビジネスのあらゆる意思決定の基本材料となります。
原価計算には、「標準原価計算」「実際原価計算」「直接原価計算」の3つの種類があります。

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します (1)「標準原価計算」
. 上記のように、製品設計や工程設計を元に原価の算出が必要な項目を洗い出し、各々材料費や労務費の標準値(原価の目標値)を決め、標準値から原価を算出する方法です。 プロジェクトの計画段階などで、原価の概算を出したいときに使います。

( 2)「実際原価計算」
. 標準原価計算とは違い、実際に使われた原価の情報を集計することで実際原価を算出する原価計算です。 標準原価と比較することによって、事業の問題点が見つけやすくなるというメリットがあります。

(3)「直接原価計算」
. 「実際原価」の計算をさらに一歩進めた計算方法です。 原価を「変動費」と「固定費」に分けて考えることで、製品ごとの利益を見えやすくしています。 売上と利益が比例していないと感じられるときや、反対に数字上の見せかけの利益ばかり大きくなっているように思われるときには、「直接原価計算」を行うと実際のところが明らかになることがあります。

「差異分析」とは、標準原価と実際原価の差異を分析することです。

④改善/分析行動

正確かつ効率的な原価管理方法は?

原価管理を間違いなくかつ効果的・効率的に行う方法はどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、原価管理を効率的に行う手法として「生産管理システム」の活用をご紹介します。

◆生産管理システムによる原価管理

原価管理はリスクを予想し、製品やサービスをお客様に届けるための活動を支える役割を持っていますが、「生産管理システム」を導入することで 原価管理を含めた業務が効率的に遂行 できます。
生産管理システムは、納期や在庫などの製造現場工程の情報を "一元的に管理する仕組み″ のことです。
これは表計算ソフトでもある程度はできる部分もあるのですが、製造業でよく生じる生産管理の課題解決には、それに特化したシステムが必要となってきます。
生産管理システムを活用することで、効率的かつ精度の高い生産管理を実現し、生産における業務フローを最適化することが可能になり、プロジェクト関係スタッフ間の情報共有も簡単になります。
また、システムでデータ化されているのであれば、帳票の表示や出力が簡単で、原価計算にも役立てられるという利点もあります。

◆生産管理システムのメリット

生産管理システムなら、データ入力をするだけでシステム内に設定されたロジックをもとに算出され、正確な原価管理を行うことができます。 製品やサービスの原価を正確に把握し、適切な価格設定ができれば利益向上に繋がります。
また、業務の短縮や簡略化に繋げられる機能もあり、労務費削減にも寄与します。
さらに、販売・生産・在庫といった製造に関係する全ての工程情報を1つのシステムで管理するため、製品の状況をリアルタイムに確認できます。 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 需要・供給・生産能力のバランスが簡単に視覚的に把握できるようになり、在庫数量の調整や売り切れ防止にも応用できます。
システム化によって、必要十分な在庫数量を確保しながら同時に余剰発生を防止し、管理にかかるコストを最小限に抑えられるうえに、発注から納品までの期間を短縮できると、 生産力の向上だけでなく 顧客満足度の向上 にも繋がります。
その他にも不良品が発生する原因の解明や改善が容易になるといったメリットがあります。

◆生産管理システムの主な機能

生産管理システムの、原価管理以外の代表的な機能として、
ここでは「製造計画」「販売管理」「購買管理」「工程管理」「在庫管理」について解説します。

「製造計画」
. どの製品をいつ、どれだけ、どのような費用をかけて製造するか(日程・数量・構成部品・納期・製造場所など)をあらかじめ計画しておくことです。 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します これによって、注文された品を期日までに余裕を持って納品することができ、また安定して利益を出すために作られます。また、その途中の進捗状況も管理します。

「販売管理」
. 製品の受注から出荷・請求・売上まで一連の管理を行います。この過程を1つのシステムで管理することで、入力間違いなどを最小限にできます。 また、商品の在庫数も管理し、納品可能かどうかの判断ができます。

「購買管理」
. 製造のために必要な原材料の取扱いを管理するものです。原料となる素材や部品の購入、入出庫などの情報を記録することで、仕入れや在庫を管理します。

「工程管理」
. 実際の製造工程の管理を指します。工程全体の流れをコントロールし、過不足などの問題を発見したら調整するといった対処を行います。 バラバラでない安定した品質を保ちつつスムーズに工程が流れるようにすることが重要です。

「在庫管理」
. 完成品の他、仕掛品や資材・部品の在庫なども管理します。これを適切に行うことでスムーズな生産を実現することができます。

今回は、 原価を正しく計算し適切に管理・応用することの大切さ をお伝えいたしました。
また、より効率的に原価管理を行うには、専門的な「生産管理システム」で統合・管理することが一番効果的です。

原価管理の基礎【Web動画】(9/18実施セミナー)

20200918_原価管理の基礎_Web01.png 20200918_原価管理の基礎_Web02.png


「原価管理、原価計算の基本的な用語や考え方を学び、自社の製造業務の理解を深めること」
適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します ができる内容です。

【本講座の対象者】
・製造業務へ携わる入社1年目~3年目程度の方
・生産管理、業務部、経理部などの部門でその経験が浅い方
・製造業向けシステム販売を行う経験の浅い営業およびSEの方
・原価管理を基礎から学びたい方
・その他弊社が視聴を承認した方
(※同業者の方はお断りする場合があります)


【内容 】
*いろいろな原価
*原価計算の目的と用語の整理
*原価の制度設計
*管理のための原価
*原価管理の流れ
*APPENDIX

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる