初心者にもおすすめ

1000円から始められる株式投資

1000円から始められる株式投資
48864735 -

1000円から始められる株式投資

亮平さん:つみたてNISAについてだいぶ理解が深まったら、毎月の積立額をいくらにするか考えてみようか。

ペンタごん:積立額か~いくらがいいんだろう? 月収の10%を貯蓄する「先取り貯蓄」で月2万円は貯金できるようになったから、それを全額つみたてNISAに回すのはどうかな⁉

亮平さん:ペンタごん、まだ貯金があまり貯まっていなかったよね? まずは生活防衛資金を貯めることが最優先だから、投資に全額回すのは良くないね。

ペンタごん:ガーン! そうだった…でもせっかく学んだつみたてNISAも始めたいんだよ~!

亮平さん:それなら、生活防衛資金を貯めながらつみたてNISAも並行してやってみるといいよ。

大儲けを狙うほど、下落したときの損失も大

ペンタごん:月3,000円かぁ…なんかショボいな。たくさん投資した方が、その分利益も増えるんでしょ?

亮平さん:たしかに投資額を増やすと、それだけ利益も期待できるけど、逆に言うと損失も大きくなってしまう可能性があるんだ。

ペンタごん:なるほど~! 1000円から始められる株式投資 投資額を増やすと大きくプラスになるかもしれないけど、反対に大きくマイナスになる恐れもあるから、最初は小さく始めてみるのが大事なんだね。そうしたら、月3,000円でどの投資信託に投資してみるのがいいのかな?

亮平さん:基本的には、「投資はリスク(値動きの幅)があるからこそリターン(利益)が得られる」という考え方をもとに、商品を選ぶようにしよう。

ペンタごん:リスク許容度ねぇ…たしかに大事だとは思うんだけど、自分がどれくらいの損失まで我慢できるかなんて、実際に投資を始めてみないと分からないんだよなあ。

亮平さん:そういう人は、まずリスクが高い商品から低い商品まで少額投資してみて、値動きを比べながら運用することで、自分のリスク許容度のイメージトレーニングをするのがいいよ。運用を続けているとそれぞれの運用成績に差が出てくるから、高リスクの商品は低リスクの商品と比べてどんな値動きになるかを肌で感じて、投資に慣れることもできるしね。

ペンタごん:お~それはいいアイデアだね!

おすすめの高リスク商品、中リスク商品、低リスク商品

ペンタごん:でもリスクが高い商品から低い商品って、具体的にどれがいいのかな?

亮平さん:僕はこれら3銘柄に月1,000円ずつ積立をしているけど、値動きに違いが出て分かりやすいと思うよ。

高リスク商品は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が人気だね。もしくは米国株のみで運用したいなら、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を選ぶといいよ。

中リスク商品は、eMAXIS 1000円から始められる株式投資 Slim バランス(8資産均等型)という株式や債券、REIT(不動産投資信託)などでバランス良く構成されている投資信託がよく選ばれているね。ただ2020年のコロナショックの際、8資産均等型はREITの回復が鈍かったことで全世界株式以上に損失が大きくなった時もあったから注意しよう。

低リスク商品は、三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)がおすすめかな。つみたてNISAでは債券のみで運用する投資信託を選ぶことはできないんだけど、この銘柄は債券が多めの構成になっているので、比較的値動きが安定しているね。

ペンタごん:まずは比較運用でリスクの違いを知るべしだね! ちなみに、リスクの違いが分かってきたら、その後はどうすればいいのかな?

亮平さん:ペンタごんもこの3銘柄で6ヵ月くらい運用してみて、それぞれのリスクの違いがだいたい分かったら、自分のリスク許容度を改めて考えた上で商品や積立額をアレンジしてみるといいよ。

たとえば長期運用を前提として、もっとリスクを取ってみたいと思ったら、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の積立額を増やすのもアリだね。

ペンタごん:よ~し、まずは亮平さんと同じ3銘柄で僕もつみたてNISAを始めてみるぞ!

亮平さん:【図表】に僕がこの3銘柄で2020年の初めから6ヵ月間運用した実績も載せておくから、参考にしてね!

※2020年1~6月までの運用実績をもとに算出 ※運用実績については毎月1日に、各銘柄に月1,000円ずつ積立注文を行った際の損益率を掲載 イラスト:さーつるに

【図表】つみたてNISAのおすすめ3銘柄 ※2020年1~6月までの運用実績をもとに算出
※運用実績については毎月1日に、各銘柄に月1,000円ずつ積立注文を行った際の損益率を掲載
イラスト:さーつるに

株初心者におすすめの少額投資とは?安全に始められる理由やおすすめ証券会社を紹介

株初心者におすすめの少額投資とは?安全に始められる理由やおすすめ証券会社を紹介

48864735 -

初心者が少額から株式投資を始めるべき理由

1.大きな元手が必要ないから

現在上場している株の中で、最も株価の高い銘柄は ファーストリテイリング【9983】 。現時点での株価は、1株当たり89,130円です。 通常の株式投資は、100株単位で取引するため、ファーストリテイリング株を購入しようと思うと、なんと約891万円もかかります。 これは多くの個人投資家には手が出せない金額でしょう。

投資には値動きリスクがあるので、生活にすぐに必要のない「 余裕資金 」で行うのが鉄則です。少額投資ならこの余裕資金の範囲内で、大きなリスクを負わずに始められるでしょう。

2.元本割れしたときのリスクを抑えられるから

株式投資は株の値動きを利用して、資産を増やしていく投資法です。大きな利益を狙える可能性がある反面、投資した金額よりも値動きが下回る「 元本割れ 」が起こるリスクも存在します。

3.株式相場に慣れることができるから

ただ初めて投資をした方が、最初から利益を出せるとは限りません。そこで少額投資を活用し、 損失を最小限に抑えながら株式相場に慣れていくのがおすすめです。 少しずつ経験値を蓄え、徐々に大きな金額で取引していくとスムーズでしょう。

初心者が少額から株式投資する方法

1株から購入できる「ミニ株投資」

1つ目の手段は、ミニ株投資です。株式投資は基本的に、100株や10株などの「 単元株 」で取引をします。この単元株未満のものをミニ株といい、1株単位や10株単位で取引が可能です。

また上場企業の中には、会社の利益を株主に還元する「 配当 」を出す企業も多くあります。この配当は基本的に1株単位で設定されているので、ミニ株を保有していれば配当を受け取ることが可能です。

株初心者におすすめの少額投資とは?安全に始められる理由やおすすめ証券会社を紹介

低予算でも買える「低位株投資」

・ランド【8918】(不動産業):11円
・キムラタン【8107】(アパレル業):25円 1000円から始められる株式投資
・オリエントコーポレーション【8585】(金融業):156円
・セブン銀行【8410】(金融業):262円
・三菱自動車【7211】(製造業):315円

まず、上場廃止予定の銘柄を購入しないこと。 すでに上場廃止が決まっている銘柄は安く買いたたかれやすく、最終的には0円の価値になってしまうケースも多いです。

次に、時価総額がある程度大きな銘柄を購入すること。 時価総額は、株価×発行済株式数で計算できます。時価総額が小さいと、値動きが乱高下しやすくなるのでおすすめできません。

少額投資の注意点

損失は少ないが、利益も少ない

ミニ株投資には制約が多い

【ミニ株投資・通常の株式投資の比較】
取引方法 ミニ株投資 通常の株式投資
基本の最低取引株数 1株〜 100株〜
取扱銘柄数 限定的 豊富
取引手数料 通常の株式投資より割高 0円〜数百円
約定する株価 その日の終値など、リアルタイム株価ではない リアルタイムの株価
IPO株の取扱い 限定的 あり
配当、株主優待 あり(株主優待は対象外多数) あり

株式投資には取引する際に手数料がかかりますが、この手数料は比較的ミニ株投資の方が高めに設定されています。また株の売り買いが決まることを「約定する」といいますが、この約定する株価も、ミニ株はリアルタイム株価ではないケースが多いです。さらに新規上場する「 IPO株 」の取扱いも、ミニ株では限定的となります。

【試算】株初心者が少額投資したらいくら儲かる?

1000円から始められる株式投資
経過時間 株式Aの価値 配当 投資開始時点からの利益(円) 投資開始時点からの利益(%)
投資開始時点 30,000円 - - 0
1年後 31,500円 500円 +2,000円 +6.1000円から始められる株式投資 6%
2年後 33,075円 500円 +3,575円 +11.9%
3年後 34,728円 500円 +5,228円 +17.42%
4年後 36,464円 500円 +6,964円 +23.21%
5年後 38,287円 500円+8,787円 +29.29%

1万円未満から投資できるおすすめ証券会社

LINE証券

LINE証券の特徴は2つ。 まず、1株から取引できる「いちかぶ」を取り扱っている点です。そ の銘柄数はなんと1,000以上。有名企業の株から最近上場したニューフェイスまで、あらゆる株を売り買いできます。

次に、 買付手数料がない点です。 多くの証券会社では買付で売却でそれぞれ手数料を設定していますが、LINE証券では買付手数料はゼロで、売却時のみ手数料(スプレッド)が0.2〜1.0%かかります。0.2%で取引時間帯を狙うといいでしょう。

LINE証券では「 口座開設後に無料で株が3株もらえる 」など、さまざまなキャンペーンを随時実施中。公式サイトで最新情報をチェックしてみてください。

1000円から始められる株式投資
最低取引単位 1株〜
売買時の手数料 買付:無料 売却:0.2%〜1.0%
特徴・LINEアプリで取引できる
・LINEポイントやLINE Payと連携
・通常の株式投資も可能
・キャンペーンが多い

PayPay証券

PayPay証券の特徴は、2つ挙げられます。 1つはスマホでの取引操作が非常に簡単な点。 買いたい株を選び、金額を決めたら、すぐに買い付けられます。株の値動きがわかるチャートが表示されないので、迷わず買えてしまうのもメリットと言えるかもしれません。

もう1つは、 米国株も購入できること。 ミニ株投資サービスの多くは日本株のみ取り扱われていますが、PayPay証券では米国株も取引できます。今人気の米国株投資に少額からチャレンジできるのは大きなメリットでしょう。

最低取引単位 1,000円〜
売買時の手数料 0.5%〜1.0%
特徴 ・1,000円単位で取引できる
・アプリ操作が簡単
・米国株の少額投資が可能

1つ目は、 Tポイントを使って株が買えること。 ネオモバは取引手数料ではなく、月額220円(税込)のサービス手数料を支払います。その代わり毎月Tポイントが200ポイントもらえるので、このポイントを使って投資が可能です。

2つ目は、 IPO株も取引できる点です。I PO株は通常の株式投資でも抽選制のため、誰もが上場とともに購入できるわけではありません。ネオモバでもIPO株は抽選制ですが、人気のIPO株を1株から買うチャンスがあるだけでも、特筆すべきメリットです。

1000円から始められる株式投資

「つみたてNISA」は、2018年1月からスタートした積立投資向けの非課税制度のことです。特に、少額からの長期・積立・分散投資を支援するために国が設けました。
一定の基準を満たした投資信託に積立投資することで、毎年40万円を上限として最長20年の間に得た分配金と売却益(譲渡益)が非課税になります。
投資に必要な金額は、月々100円~数千円ほど。
投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすく、 「長期の運用を考えている」「節税しながら少額投資を始めたい」という方におすすめの少額資産運用方法です。

個人型確定拠出年金「iDeCo」とは、自分で作ることができる私的年金制度のことです。
国民年金や厚生年金などの確定給付年金とは違って、自分で掛け金を拠出し、自分で選んだ投資商品で運用していくことで、60歳以降に年金または一時金として受け取れます。
最大の特徴は「掛金が全額所得控除される」「運用益が非課税になる」「受給時に所得控除を受けられる」という3つの税制優遇メリットがあることです。
月々の掛け金は5,000円から始めることができ、1,000円単位で上乗せすることもできます。

「クラウドファンディング」とは、「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」という言葉を組み合わせた造語で、インターネット経由で資金提供者と資金需要者をつなげるサービスのことです。
その中でも金銭的なリターンを得ることができるものを投資型クラウドファンディングと言います。
非上場の株式を発行して資金を集める「株式投資型」や、組合契約を締結することで資金を集める「組合出資型」など、さまざまな種類がありますが、比較的少額で始めやすいのは「組合出資型」です。
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、「組合出資型」は1万円ほどから始められるでしょう。

「ソーシャルレンディング」とは、「お金を貸したい個人投資家や企業」(レンダー)と「お金を借りたい個人や企業」(ボロワー)をインターネット経由でマッチングするサービスです。クラウドファンディングの一種で、融資型(貸付型)クラウドファンディングと呼ばれることもあります。
お金を借りた企業や個人は、あらかじめ決められた期間・利息で事業者に返済を行い、支払われた利息から事業者の運営報酬を差し引いた金額が投資者に分配されます。 1000円から始められる株式投資
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、1万円からの少額投資が可能で、投資初心者から上級者まで多くの投資家から支持されています。

「不動産投資型クラウドファンディング」は、運用会社がインターネットを通じて投資家から資金を集め、その資金をもとに不動産運用を行って、収益を投資家に配当するという仕組みです。
2017年の不動産特定共同事業法の改正により登場した、新しい不動産投資方法です。
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、1万円からの少額投資が可能です。
投資家の元本割れリスクを低減するため、「優先劣後出資方式」を導入している不動産クラウドファンディングの運用会社もあり、投資家の損失が発生しにくい資産運用方法といえるでしょう。 1000円から始められる株式投資

【予算】10万円~50万円までの多額資産運用

投資する金額が多くなるとリスクが増える半面、リターンも大きくなります。
投資額に余裕があれば、分散投資することでリスクを軽減させながら、多額の資産運用も可能です。
ここでは、 投資額5万円~50万円までのおすすめの資産運用方法3つを紹介します。

「株式投資」とは、主に国内市場に上場している株式を売買または長期保有することで売却益・配当金を得るという資産運用方法です。より一般的な「現物取引」だと、株を購入するのに必要な金額は「株価×購入株数(+手数料)」で計算できます。
1株あたりの株価は銘柄によって異なり、購入株数は原則100株から。
最安値の銘柄でも5万円ほどが必要になります。
ただし、証券会社によっては100株未満の売買を行っている場合もあります。
1万円程度からでも始められるため、投資初心者にはおすすめです。

「ロボ・アドバイザー」とは、人工知能(AI)を活用した資産運用の自動化サービスのことです。最適な資産運用についてAIが助言してくれる「アドバイス型」と、運用も含めて全て任せることができる「投資一任型」の2通りがあります。
「投資一任型ロボ・アドバイザー」での投資に必要な金額は運営会社にもよりますが、10万円ほどから始めることができます。
少ない手間で資産運用ができることと、自分の投資スタイルに合わせた運用を行ってくれるため、近年人気が高まりつつある資産運用方法です。

「不動産投資」とは、「不動産(宅地や建物など)を購入して、他人に貸す・売却することで家賃収入や売却益を得る」という仕組みの資産運用方法です。
マンションやアパートの1室に投資する「区分投資」もできるため、投資金額は物件によりますが、頭金と諸経費が50万円~100万円ほどから始めることができます。
不動産投資は、ローンの利用もできるため、早期に始めて長く利益を得るといった運用方法も可能です。資金に余裕があれば、検討したい資産運用方法です。

少額投資でも利益は作れる、メリットとデメリット交えて紹介していきます。

「投資で利益を作るには、ある程度の資金が必要」という話も聞きますが、実際に少額投資では利益を得られないのでしょうか。
もちろん、投資資金が多ければ、大きなリターンを期待できるのも事実です。
しかし、少額投資でも時間はかかりますが、利益を作ることはできます。
国が推奨している投資方法もあり、少額投資には税制優遇のメリットも多くあるのです。
ここでは、少額投資の3つのメリットについて解説していきます。

少ない資金で始められるのは、ローリスクで投資を学べるということです。
少額であれば、思い切ってチャレンジすることもできます。
投資を始めたばかりの投資家にとってはノウハウを身につけ、次にステップアップするための第一歩になるでしょう。

通常、投資で得た利益には20.315%の税金(所得税および住民税)がかかります。
しかし、「つみたてNISA」や「iDeCo」では税制上の優遇を受けることができます。
つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として最長20年間、資産運用によって得られた利益が非課税。
iDeCoでは、投資金額を全て「所得控除」として申告することができます。

まとまった利益を生み出すには時間がかかる

「少額投資」は、投資金額が少ないため得られる利益も少なくなります。
例えば、株式が大きく値を上げたとしても、保有している株数が少なければ大きな利益にはつながりません。
十分な利益が生み出しづらいというのは少額投資のデメリットと言えるでしょう。

オンライン取引により手数料は安くなるとはいっても、利益が極端に少なければ割高になってしまう場合もあります。
金融商品によっても手数料の相場は変わるので、投資を考える際に確認が必要です。
逆にいえば、まとまった利益さえ得られれば、手数料の負担割合は減っていきます。
少額投資の際は、長期的な運用を視野に入れるのがいいでしょう。

いくらから確定申告が必要になる?

投資による利益は一定の額を超えると、他の所得とは切り離して納税額を計算する「申告分離課税」になります。
そのため、サラリーマンであっても確定申告が必要になる場合があります。
では、いくらの収益から確定申告が必要になるのかを解説していきます。

収益が20万円以上

サラリーマンの場合、投資による 年間の収益が20万円以上になると確定申告が必要になります。
20万円以下の場合は申告不要制度が適用され、原則として確定申告を行わなくても問題ありません。
ただし、給与による 所得が年間2,000万円を超える場合は確定申告が必要です。

基礎控除額(48万円)を超えたら申告

投資による年間の収益が、 基礎控除額の48万円を超えた場合は確定申告が必要です。
これは専業主婦や学生など、給与所得がない方も対象になります。

まとめ|投資は余裕資金で始めよう

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディングの魅力です。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。 1000円から始められる株式投資
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができて、すきま時間に無理なく着実に資産を増やしたいという方にピッタリです。

株デビューはいくらから始めるべき?株式投資初心者は少額投資から始めてみよう!

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(1000円から始められる株式投資 オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

1000円から始められる株式投資

SBI証券

投資に興味はあるけど、難しそう。
預貯金はしているけど、全然、貯まらない。
資産運用ってお金持ちだけの話でしょ?

投資信託 は、なんと 100円から 始められます!しかもプロに任せて手間いらず。
株式投資 は、あの有名企業の株が、 500円以下 で買えちゃうんです!

  • 投資経験が少なく、プロに運用をお任せしたい方
  • 分散投資でリスクを軽減したい方
  • 有名企業の株を買ってみたい方
  • 配当を受け取りたい方

株で値上がりを期待するのもいいですし、債券で安定運用を目指すのも魅力的です。
でも、株や債券への投資は、「多くの銘柄の中から選ぶのは大変」、「株式や債券を買った企業が倒産してしまったらどうしよう・・・」
などと、不安に思う方も多いかと思います。
また、いざ資産運用をはじめようと思っても、何をすればいいかわからなくて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな悩みを解決してくれるのが「投資信託」です!

運用をおまかせしても大丈夫?

投資信託の運用内容はお客さまへ詳しく開示 しなければならないと決められています。
また、定期的に作成される「運用報告書」や「月次レポート」等で、どのように運用されどのような成果が出ているかを確認することができます。

万が一の備えは?

投資信託は、主に販売会社(証券会社や銀行)・運用会社・受託会社といった3つの会社が役割分担をし、成り立っている金融商品です。 これらの会社が破綻してしまうことに備えて、 お客さまの資産はこれらの会社の資産とは別に管理され保全される仕組み になっています。

「投資=株」という印象をお持ちの方は結構いらっしゃいますよね。
しかし、いざ株について調べてみると売買の最低単位である単元株数(100株単位)が決まっていて、
最低購入金額が数十万もする銘柄などもあり、自分には手が届かないと諦めた方もいるのでは?
そんな方には、1株から購入可能な「単元未満株」がおススメです!
単元未満株は、初めての投資で、手元資金がまだ少ないという方にぴったりのサービスです!少ない手元資金で株式投資を行える手軽さを体験してみましょう。

500円以下 時価総額上位東証プライム銘柄

5020 ENEOSホールディングス 475.4円
8308 りそなホールディングス 439.1円
9501 東京電力ホールディングス 334円
7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ 428円
7211 三菱自動車工業 309円
  • 2021/6/25終値時点
  • ※本ページでご紹介する銘柄は客観的な基準に基づき抽出したものであり、個別の銘柄の売買を推奨するものではありません。 投資にあたっての最終決定はお客さまご自身の判断でお願いします。

ご注意事項

口座開設に関するご注意事項 1000円から始められる株式投資 SBI証券の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。 投資信託に関するご注意事項 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

株式会社SBI 証券 金融商品取引業者
登録番号:関東財務局長(金商)第44 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる