プロが徹底解説

FXのオプション取引って何

FXのオプション取引って何
第 2 位

なぜオプションを取引するのか?

上の例では、プット・オプションを買うことのメリットは2つあります。
第一に、先物の売りや株式の空売りでは無制限の損失リスクがあるのに対して、プットの買いでは 損失が限定されている という点。
第二に、プットの買いは 小額の資金を使って大きなリターンを得られる可能性がある という点です。
(日経225先物を取引するためには100万円単位の資金が必要だが、日経225プットの買いでは数十万円の資金でも十分に取引を行うことができ、大きなリターンを狙える。)

しかし、プットを買った投資家が利益を得るためには、日経平均株価が 6ヶ月以内に 大きく下落する必要があります。 これがプット買いのデメリットです。
7ヵ月後に株価が大きく下落しても全く意味がありません。 FXのオプション取引って何 つまり、このプットの買い手が利益を得るためには、 「株価が下落するだろう」という投資アイディアが6ヵ月以内に実現されなければならない のです。

他の一般的な投資商品は、基本的に上がるか、下がるかの2択しかありません。 そのため、上図のように中立のポジションを取れること自体が、オプションの利点と考えることもできます。
これはほんの一例ですが、株式投資や先物取引、FX取引などでは実現できない投資アイディアであっても、オプションを使えば簡単に実現できるケースが多々あるのです。

オプションの本質

「優位性」という曖昧な言葉で表現されることの多いオプションですが、つまりは「 投資アイディアの実現、およびリスクコントロールにおける自由度 」がオプションの最大の利点であると筆者は考えています。

投資家は何らかのアイディアを持ち、そのアイディアから利益を生むために、 どのような手段が最適か という検討を行います。 そして、オプションは選択肢の一つとして検討すべき対象となります。
投資家の選択肢を広げるもの。それがオプションの本来の意味です。

もちろん、オプションに向いていないケース(投資アイディアの実現)というのもあります。
例えば、5年先を見越して新興国に投資したいケースなどがそうです。
証券市場のオプションは最大でも3年くらいの寿命しかないため、5年先、10年先を見越した長期投資には向いていません。 そのような場合には、株式やETFなどの現物を買い、長期的に保有するのが適しています。

オプションの優位性

オプションを賢く売買することで、マーケットに対する優位性を持つことは可能です。 それは、マーケットの歪み(skew)を見つけ、その歪みを上手く利用することで実現できます。
ボラティリティ戦略やスプレッド戦略を駆使すれば、取引の時点で相当有利なポジションを持つことも可能です。

しかし、これはオプション自体の優位性ではありません。
オプションを取引すれば誰でも優位なポジションに立てるというのはありえないことです。 「優位性」というのは投資家自身が作り出すものであって、オプション自体に備わっている性質とは異なります。

つまるところは、 何を、いつ、いくらで取引するか が重要になります。
この点において、オプションは他の投資となんら変わりません。
ただ、取引の選択肢が非常に多いため、 ほとんど無限の投資アイディアを実現することができ、リスクやレバレッジもコントロールできる というのがオプションの強みなのです。

バイナリーオプションってなに? 新規制でこう変わる

通常のFXでは、為替がどれくらい動いたかによって、損益の額も違ってきます。予想に反して大きな値動きがあったときは、当然ですが損失も大きくなります。バイナリーオプションでは、為替が大きく動いても、小さく動いても、基本的に損益の額は変わりません。一見、大損はしないような取引に思えますが、予想が外れると投資資金が全額没収されるという点は、やはりギャンブル的な要素を強く感じさせます。 確率的には50%で的中し、当たるとお金が2倍弱になる。この2倍弱という倍率がポイントで、たとえば1.FXのオプション取引って何 8倍のペイアウトを設定している業者を利用した場合、50%の的中率では投資を重ねるごとに損失が膨らんでいきます。当たる確率が半々なら、ペイアウトは2.0倍でチャラということになりますが、僅かな倍率の差から生まれる損失が積み重なり、FX業者にとって大きな利益となるわけです。 もちろん、為替はさまざまな要素によって変動するので、超短期の取引でも、ある程度値動きの方向を読むことはできるかもしれません。実際に、的中率が50%を超す例も多いといいます。しかし、各社が公表している6月のバイナリーオプションの取引実績を見ると、払い戻し率はいずれも100%を切り、損失が発生した口座の数は、約7割から8割にのぼります。裏を返せば、利益が出ている口座、つまり儲かっている人は、全体の2割から3割にすぎないということです。

ギャンブル性を低減する自主規制

こういった面から「バイナリーオプションはギャンブル性が高い」という指摘があり、金融先物取引業協会は自主規制をおこなうことを公表しました。 自主規制のひとつに、数分後といった超短期の騰落を予想させるのをやめ、バイナリーオプションの購入開始から損益が確定する判定時刻までの時間を、2時間以上にすることが挙げられています。この2時間の間に、ある程度の負担でポジションを解消することが可能になれば、投資金額を全額没収されるような事態は減るでしょう。また、ホームページなどを通じて、バイナリーオプションの取引に必要な知識を学習できるコンテンツも提供される予定です。 新規制は8月1日から適用開始となりますが、既存業者については11月30日まで「経過措置期間」が設けられており、期間中に対応していくことになりそうです。 (Sherpa/編集プロダクション)

なぜオプションを取引するのか?

上の例では、プット・オプションを買うことのメリットは2つあります。
第一に、先物の売りや株式の空売りでは無制限の損失リスクがあるのに対して、プットの買いでは 損失が限定されている という点。
第二に、プットの買いは FXのオプション取引って何 小額の資金を使って大きなリターンを得られる可能性がある という点です。
(日経225先物を取引するためには100万円単位の資金が必要だが、日経225プットの買いでは数十万円の資金でも十分に取引を行うことができ、大きなリターンを狙える。)

しかし、プットを買った投資家が利益を得るためには、日経平均株価が 6ヶ月以内に 大きく下落する必要があります。 これがプット買いのデメリットです。
7ヵ月後に株価が大きく下落しても全く意味がありません。 つまり、このプットの買い手が利益を得るためには、 「株価が下落するだろう」という投資アイディアが6ヵ月以内に実現されなければならない のです。

他の一般的な投資商品は、基本的に上がるか、下がるかの2択しかありません。 そのため、上図のように中立のポジションを取れること自体が、オプションの利点と考えることもできます。
これはほんの一例ですが、株式投資や先物取引、FX取引などでは実現できない投資アイディアであっても、オプションを使えば簡単に実現できるケースが多々あるのです。

オプションの本質

「優位性」という曖昧な言葉で表現されることの多いオプションですが、つまりは「 投資アイディアの実現、およびリスクコントロールにおける自由度 」がオプションの最大の利点であると筆者は考えています。

投資家は何らかのアイディアを持ち、そのアイディアから利益を生むために、 どのような手段が最適か という検討を行います。 そして、オプションは選択肢の一つとして検討すべき対象となります。
投資家の選択肢を広げるもの。それがオプションの本来の意味です。

もちろん、オプションに向いていないケース(投資アイディアの実現)というのもあります。
例えば、5年先を見越して新興国に投資したいケースなどがそうです。
証券市場のオプションは最大でも3年くらいの寿命しかないため、5年先、10年先を見越した長期投資には向いていません。 そのような場合には、株式やETFなどの現物を買い、長期的に保有するのが適しています。

オプションの優位性

オプションを賢く売買することで、マーケットに対する優位性を持つことは可能です。 それは、マーケットの歪み(skew)を見つけ、その歪みを上手く利用することで実現できます。
ボラティリティ戦略やスプレッド戦略を駆使すれば、取引の時点で相当有利なポジションを持つことも可能です。

しかし、これはオプション自体の優位性ではありません。
オプションを取引すれば誰でも優位なポジションに立てるというのはありえないことです。 「優位性」というのは投資家自身が作り出すものであって、オプション自体に備わっている性質とは異なります。

つまるところは、 何を、いつ、いくらで取引するか が重要になります。
この点において、オプションは他の投資となんら変わりません。 FXのオプション取引って何
ただ、取引の選択肢が非常に多いため、 ほとんど無限の投資アイディアを実現することができ、リスクやレバレッジもコントロールできる というのがオプションの強みなのです。

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

これがいかに不利なのか簡単な例を示しましょう。

仮に1勝1敗であれば20$の損失であり、勝率はイーブンである以上、続ければ続けるだけ不利と言えるでしょう。

つまりバイナリーオプションのペイアウトは、 リスクとリターンが吊り合っていない状態 なのです。

取引時間の制限

これの何が問題なのかと言うと、為替レートの変動は下位足ほど予想が難しくなり、トレンドが浮き彫りになりやすい上位足ほど予測が容易になります。

つまり バイナリーオプションは、FXと比較してもギャンブル要素が強く 、スキルを駆使した実力勝ちが狙いにくくなっているのです。

ペイアウトはFXが有利!

理由1:リスクとリターンのバランス

いずれも勝率は互角と考えられますが、FXでは稼いだ値幅がそのまま利益に反映されます

毎回 リスクとリターンのバランスが取れた勝負に挑める ため、プロスペクト理論さえ克服できれば、どれだけ無茶なトレードをしても収支はトントンに収まる傾向にあります。

理由2:時間という武器

レンジ相場であれば元の水準まで戻ってくる可能性は高く、またポジションの方向によってはスワップ金利も稼げるでしょう。

バイナリーオプションの場合は、良くも悪くも取引時間が制限されていますが、 「勝つまで辞めない」を実践できるのがFXの強み でもあります。

理由3:トレンドで利益を伸ばせるチャンス

トレンドの渦中においては、一時的にペイアウトの期待値が高まると考えても良いでしょう。

まとめ:ペイアウトの還元率から判断すべし!

  • バイナリーオプションの仕組みについて
  • バイナリーオプションで稼げない理由
  • FXのペイアウトについて

投資において重要なのは、リスクとリターンが見合っているかどうかです。

最近ではスプレッド「0.0銭」という、実質無料で提供するFX会社もありますので、せっかく運用するのであれば トレーダーが勝ちやすい環境を選ぶべき でしょう。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート

2022.06.17 FX-Katsu(鈴木 克佳)
為替レートが動く仕組みを知るべし!FX相場がもっとも動く時間帯…

2022.04.12 ランド円地獄で死亡?南アフリカランド円に何が起きた?死亡の原因と投資をする際のポイントやコツを紹介 高金利通貨として有名な、南アフリカランド円。 高いスワップポ…
FX-Katsu(鈴木 克佳)

<FXの始め方> 人気記事

2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら
FX-Katsu(鈴木 克佳)

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. FXのオプション取引って何
  4. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる