初心者バイナリオプション戦略

流動性リスクの正しい理解

流動性リスクの正しい理解
個人年金の返戻率について

外貨預金とFXの違いを実際に運用シミュレーションして検証してみた結果【証券アナリスト監修】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

  • ✔ 銀行の外貨預金ってどう?
  • ✔ FXとはどう違うの?
  • ✔ お金が増える可能性が高いのはどっち?

日本の各種銀行では、外貨預金の積立サービスを提供しています。この外貨預金はFX(外国為替証拠金取引)とどう違うのか。しばしば比較される外貨預金とFXですが、実はメリット・デメリットがあります。

【結論】外貨預金よりFXの方が期待利回りは高い

記事の中で詳しくお話しますが、 決定的な違いは「年利」と「手数料」 です。まずは基本的な部分から順番に見ていきましょう。

外貨を通じた資産運用についての基本的な考え方

  • ✔ 【1】収益性
  • ✔ 【2】安全性(リスク)
  • ✔ 【3】流動性

資産運用の前提

投資にはリスクがあります。にもかかわらず、投資の必要性はますます高まっています。それは、 近年の預金(貯金)金利と物価の関係 にあります。

ものの値段は一定ではありません。毎年少しずつですが変化し、価格が上昇することをインフレといいます。インフレになると、同じものを買うのにより多くのお金が必要になります。つまり、 過去に貯蓄したお金の価値が低下 するのです。それでも、昔は銀行に(定期)預金していれば、数パーセント(例、平成初期には5パーセント超)の金利が付いていたので、銀行に預けておけばインフレになっても一緒に預金が増えていったので、問題ありませんでした。

日本の金利の状況が変わっている

しかし、21世紀に入り日本の金利はほぼ ゼロ金利 です。また、日本銀行の政策により年2%のインフレが目指されることとなりました。つまり、インフレ率が定期預金金利を上回っているので、リスクを取らないで(投資をしないで)放っておくと、 資産は増えないどころか実質的に目減り していくのです

何もせずとも資産が目減りする可能性があるとはどういう事か

「貯蓄は資産が減らず安全」と、誤った認識をしている方が多くいます。見た目は減っていませんが、価値は毎年減価しています。
物価上昇率について、2018年日本は1%を超えて来ていますが、銀行の定期預金の利率は平均で0.02%です。つまり、生活していて売られているものが1%以上価格が上昇しているのに、貯蓄は0.02%しか増えないのです。
実質自分が持っているお金は、買える量が減っているため減価しているということになります。数字が減っていなければ安心できるように感じますが、これだけ物価上昇が遅い国も珍しく、上昇が始まれば2%以上で上昇します。必ず資産運用は、必須の時代というのは理解してください。

ゼロ金利政策により何が起きたか

投資の基礎知識

3つの基本項目を理解しよう

収益性ですが、これは 一定期間(例えば1年や5年、10年の間)にどれくらいの利益を出してくれるか 、ということです。収益性だけを取ってみれば、高ければ高いほど良いのですが、一方で収益性のみを追求していくと安全性が低下し、リスクが高まることが一般的です。つまり、大きく稼ごうとすればそれだけ大きく損する可能性を背負うということになります。特に、短期間で大きく稼ぐことを狙う場合には、長期的にやっていれば儲かった方法でも、うまくいかない場合があります。

また、流動性の概念も重要です。これは、お金が必要になった時に、その投資をやめていつでも現金にできるか、ということを示す概念です。これが低いと、やめたいときにやめられないため、一般的に 流動性は高ければ高いほどよい投資商品 と言われます。

個人年金は貯金の代わりにできるがデメリットの方が大きい!

個人年金の返戻率について

個人年金保険を貯金の代わりにする4つのデメリット

個人年金保険を 貯金代わりにするデメリット もあります。

「資金を増やす目的で個人年金保険にるのは本当にお得なのか」

「満期を迎える前にまとまった資金が必要になった場合どうなるのか」

個人年金のデメリットを詳しく解説

デメリット①個人年金保険の利率は低くなってきている

個人年金の利率は以前に比べて低くなってきています。

もし、どうしても利率のよい個人年金保険に入りたいという方は、「変額年金保険」という個人年金の種類もあります。

ただ、 「変動金利」は 「固定金利」よりリスクが高い ことは忘れてはいけません。

デメリット② 途中解約をすると元本割れする

個人年金は、途中解約をすると元本割れして損をすることになります。

途中解約をした際どれほどの損失になるかというと、それは加入している保険の返戻率によります。

個人年金に加入する際は 保険会社に「返戻金」の有無と「返戻率」を確認する ようにしましょう。

これは個人年金の大きなデメリットになりますので、途中で解約をする可能性はないか、じっくり考えてください。

個人年金の解約について

デメリット③インフレで実質的に元本割れするリスクがある

個人年金保険に加入し満期を迎えても、インフレにより実質的に元本割れする可能性もあります。

インフレへの対応ができない保険になっているのです。

関連記事

デメリット④お金の流動性が低くなる

個人年金保険に加入すると、積み立てている資金は動かすことができません

そんな時に必要な額を簡単に引き出すことができないのは、個人年金のデメリットと言えるでしょう。

「資金が必要な時に損をする」

個人年金と比較した貯金の2つのメリット

①流動性が高い

個人年金保険と比較して、貯金は 流動性が高い です。

このような不安を抱えることなく、資金を手元においておけることは貯金の最大のメリットです。

だからこそ、どんなトラブルにも瞬時に対応できる貯金は実はとてもオススメなのです。

②元本割れするリスクが限りなく低い

貯金のメリットとして、 元本割れするリスクが限りなく低い ことが挙げられます。

個人年金保険に加入する人は、「老後元本より多くの資金を調達できる」と思っている人が多いです。

  • 戻返率に左右されない
    元本より多くの資金を調達する目的で「変額保険」に加入した場合、保険会社の運用がうまくいかないと戻返率が下がり、元本割れして手元に返ってくる可能性があります。
    貯金にはそのような心配がありません。

  • 課税の心配がない
    個人年金保険に加入すると、年金を受け取る際、雑所得として課税対象となります。
    そのため、受取金額が元本と同額だった場合でも、課税分を差し引き元本割れしてしまう可能性があります。

気候変動:すべての人に関わること

Insight Video Mobile Banner

2021 年、私たちは運用する全てのグローバル株式戦略でカーボン・トランジション・エンゲージメント・プログラム(低炭素化への移行に関するエンゲージメント・プログラム)を開始しました。その目的は、各保有銘柄の気候リスクと機会を評価し、その気候関連情報を理解し、改善を促すことです。また、低炭素社会の実現に向けた私たちのポートフォリオの耐性を確認するために実施したものです。私たちは、運用するグローバル株式戦略において保有する全企業の95%とエンゲージメントを実施しました。これは、企業エンゲージメントにおける運用業界の平均をはるかに上回るレベルです(国連が支援する責任投資原則による最近の報告書によると、平均的な水準は保有株式の19%に過ぎません) 1 。

その後、ポジティブな成果が出ています。当初、(脱炭素の)目標を設定していなかった7社のうち6社が目標を設定するための準備を進めている、もしくは目標を設定しました。また、既に目標を設定していた9社がより高い目標であるカーボンニュートラルまたはネットゼロへと目標を変更しました。2021年初頭の段階で、私たちのグローバル株式戦略で保有する企業でネットゼロ以上の目標を設定していた企業の割合は、各グローバル株式戦略で平均して54%でしたが、年末までにこの平均は71%にまで上昇しました。一方、フォーブズが毎年発表する世界の公開会社上位2000社を調査対象にオックスフォード大学が発表したレポート 2 によると、ネットゼロ目標を設定している企業はわずか21%でした。

気候変動は、今やすべての人に関わる問題です。気候変動に関する政府間パネルの第1ワーキンググループによるPhysical Science Basis(自然科学的根拠)レポートでは、世界の気温上昇を1.5℃に抑えることは可能だが、それは世界が低炭素化に向け早急に行動した場合に限られると主張しています 3 。私たちは、気候変動に取り組むことは正しいことであるだけでなく、ビジネスとしても意味のあることだと考えています。私たちがエンゲージメントを行う企業へのメッセージは明確で、炭素排出に対処しないことは今やリスクを伴うビジネスであるということです。企業は、排出量に課税されたり規制されたりする危険に直面し、競争上の地位、物的資産、評判、利益、株価評価、そしておそらく将来さえも危険にさらすことになるのです。

プログラムの第一段階を終え、2022年の計画では、より良い結果を得るための提唱を続けていきます。重点分野は以下の4点です。(i) 透明性の向上と情報開示。 (ii) 流動性リスクの正しい理解 目標をネットゼロとする事の強化、科学的根拠に基づく目標とスコープ3の採用(もし採用されていない場合)。(iii) 経営陣のインセンティブをよりよく調整し、環境・社会目標を達成させるために役員報酬と連動させること。(iv) 自然に基づく解決策と物理的な資産リスクについて話を進めること。

2 出所:ECIU オックスフォード大学:Taking Stock. A Global Assessment of Net Zero Targets(2021年3月)

3 出所:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1ワーキンググループによる第6次評価報告書内の、Physical Science Basisに関する国連事務総長の声明(2021年8月9日))

nic.sochovsky

vladimir.demine

alistair.corden.lloyd

重要事項
本書は、当社の投資一任契約および投資顧問契約に関する業務に関連して提供されるものであり、特定の金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を目的とするものではありません。また、弊社は、本投資戦略によって運用されている金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を行うものではありません。

1. 投資一任契約の概要
投資一任契約は、お客様の資産の運用に関し、お客様があらかじめ運用の基本方針を定めた上で、有価証券の価値等の分析に基づく投資判断のすべてを当社に一任し、当社がこれをお引き受けするものです。お客様は投資を行うのに必要な権限を当社に委任し、当社は委任された権限を行使するにあたっては、当社の投資判断に基づきこれを行い、お客様は個別の指示を行わないものとします。

2. 元本損失が生ずることとなるおそれ
受託資産の運用には、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスク、株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク及び株式その他有価証券等を売却あるいは取得する際に市場に十分な需要や供給がないため、十分な流動性の下で取引を行えない、または取引が不可能となる流動性リスク等による影響を受けます。また、外貨建て資産に投資するため為替変動リスクの影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失が生ずることとなるおそれがあります。

3. 投資一任契約締結に際しての留意事項
受託資産の運用は、個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

リスクについて
当運用戦略は主に海外の有価証券等を投資対象とするため、当該有価証券の価格の下落により投資元本を割り込むことがあります。また、外貨建ての資産は為替変動による影響も受けます。従って、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はお客様に帰属します。投資する可能性のある金融商品等には、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスク、為替変動リスク、デリバティブ取引に伴うリスク、カントリーリスク等のリスクを伴います。

費用について
投資一任契約に基づいて直接投資をする場合の費用
投資顧問料率
25億円までの部分に対して 流動性リスクの正しい理解 0.864%(税抜 0.800%)
25億円超50億円までの部分に対して 0.810%(税抜 流動性リスクの正しい理解 0.750%)
50億円超100億円までの部分に対して 0.756%(税抜 0.700%)
100億円を超える部分に対して 0.702%(税抜 0.650%)
※ 表記の料率は年率表示です
※ 上記以外に投資一任契約に基づいて投資信託に投資する場合の報酬体系は上記と異なる場合があります
※ 契約資産の性質・運用方法等により、お客様と協議の上、最低受託額、受託額及び投資顧問料率を別途取り決めることがあります
※ 税込料率は法律に定められる税率が適用されます
また、投資一任契約に基づく組入資産の売買手数料、保管費用等をお客様にご負担いただきます。(当該手数料等につきましては、運用状況等により変動するため、事前に料率やその上限額等を表示することができません。)

最低受託金額
効率的な運用を実現するという観点から、個別口座の最低受託金額を50億円と設定しております。
《ご注意》
上記に記載している費用項目につきましては、一般的な投資一任契約を想定しております。受託資産の運用に係るリスクや費用については、投資一任契約を締結する際に、事前に契約締結前書面をご覧ください。
投資一任契約に基づいて投資信託に投資する場合の費用
組入れ予定の投資信託は、弊社がお客様と締結する投資一任契約に基づいて投資を行うための専用ファンドであり、当該目的での利用に限定しております。

投資顧問料率
一律0.81%(税抜0.75%)
組入れる投資信託で弊社が運用報酬を受領する場合、上記料率から控除して投資顧問報酬額を算出します。

• 流動性リスクの正しい理解 組入れ予定の弊社設定投資信託から弊社が受領する運用報酬はございません。したがって、投資顧問報酬額は上記の年率0.75%(税抜)で計算されます。
• 表記の料率は年率表示です。
• 契約資産の性質・運用手法等により、お客様と協議の上、別途報酬額を取り決める場合があります。
• 税込料率は法律に定められる税率が適用されます。

投資信託にかかる費用
信託報酬 年率0.054%(税抜 年率0.05%)内、委託者報酬(運用報酬) ありません
信託財産留保(相当)額 基準価額に0.20%を乗じた額(解約時)

- 組入有価証券を売買する際に生じる取引費用
- 外貨建資産の保管費用
- 信託事務の処理に要する諸費用
- 流動性リスクの正しい理解 受託会社の立替えた立替金の利息
- 投資信託財産に関する租税
- 投資信託財産に係る監査報酬
- 法律顧問に対する報酬
- 投資信託約款および受益者に対する報告書の作成、印刷および交付に係る費用
- 公告および投資信託約款の変更および解約に関する書面の作成、印刷および交付に係る費用
- 投資信託振替制度に係る手数料および費用等
(上記その他の費用については、当該投資信託の運用状況等により変動するため、事前に料率やその上限額等を表示することができません)

金融資産の3つの特徴と個人金融資産ポートフォリオ作成のポイント

投資関連

1、金融資産とは?

文字からもイメージできるように、個人の金融資産は 「現金や預貯金に加え、株式や投資信託などの有価証券などのこと」 を指します。

日本証券業協会から発表されている平成27年度の『証券投資に関する全国調査』によると、調査した対象のうち「投資を行っている、または過去行っていた」という人の割合は およそ20% です。

(1)年収別株式保有状況

株式に関する知識を問うた回答においてもこの傾向は顕著で、 「年収が高い人ほどマネーリテラシーも高い」 ということが言えそうです。

(2)2人以上世帯の金融資産の保有額

参考:H30年金融広報中央委員会

(3)単身世帯の金融資産の保有額

参考:H30年金融広報中央委員会

確かに投資元本は多ければ多いほど有利ですが、昨今は少額から始められる投資信託なども多くあるため、まずは 「少額でも良いので投資を実践してみる」 流動性リスクの正しい理解 ことが重要だと言えるでしょう。

2、金融資産の3つの特徴

まずは金融商品を保有する上で知っておきたい3つの特徴である 「安全性」「流動性」「収益性」 をしっかりと理解しておきましょう。

多くの方は利回りがどれほどか?どうすれば儲けが大きくなるか?という「収益性」を重視してしまいがちですが、投資においてそれよりも大事なのは 「大きな損をしないこと」 です。

安全性、流動性、収益性全てをバランスよく兼ねそろえた金融商品というのはほぼないと言ってよく、どういった資産運用を行いたいか、 どんなポートフォリオを組みたいか によってどこに重きを置くかを考える必要があります。

やや聞きなれない言葉かもしれませんが、「流動性」とは、どれくらい 資産交換が容易に行えるか を表す言葉です。

「流動性が高い」「流動性が低い」といったように使われますが、文字のごとく「流動性が高い」とは 現金⇔有価証券の流れ がよりスムーズに行えることを指しています。

収益性が高い商品、つまり リターンが高い商品はそれだけリスクも高まる 、というのが一般的な考え方です。

3、金融資産の計算方法

自分が今どれくらいの金融資産を持っているか、ということについては現在において自分が持っている現金・預貯金といった 「資産」から、ローンや借用金などの「負債」を引き「純資産」 を計算してみましょう。

外貨預金とFXの違いを実際に運用シミュレーションして検証してみた結果【証券アナリスト監修】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

  • ✔ 銀行の外貨預金ってどう?
  • ✔ FXとはどう違うの?
  • ✔ お金が増える可能性が高いのはどっち?

日本の各種銀行では、外貨預金の積立サービスを提供しています。この外貨預金はFX(外国為替証拠金取引)とどう違うのか。しばしば比較される外貨預金とFXですが、実はメリット・デメリットがあります。

【結論】外貨預金よりFXの方が期待利回りは高い

記事の中で詳しくお話しますが、 決定的な違いは「年利」と「手数料」 です。まずは基本的な部分から順番に見ていきましょう。

外貨を通じた資産運用についての基本的な考え方

  • ✔ 【1】収益性
  • ✔ 【2】安全性(リスク)
  • ✔ 【3】流動性

資産運用の前提

投資にはリスクがあります。にもかかわらず、投資の必要性はますます高まっています。それは、 近年の預金(貯金)金利と物価の関係 にあります。

ものの値段は一定ではありません。毎年少しずつですが変化し、価格が上昇することをインフレといいます。インフレになると、同じものを買うのにより多くのお金が必要になります。つまり、 過去に貯蓄したお金の価値が低下 するのです。それでも、昔は銀行に(定期)預金していれば、数パーセント(例、平成初期には5パーセント超)の金利が付いていたので、銀行に預けておけばインフレになっても一緒に預金が増えていったので、問題ありませんでした。

日本の金利の状況が変わっている

しかし、21世紀に入り日本の金利はほぼ ゼロ金利 です。また、日本銀行の政策により年2%のインフレが目指されることとなりました。つまり、インフレ率が定期預金金利を上回っているので、リスクを取らないで(投資をしないで)放っておくと、 資産は増えないどころか実質的に目減り していくのです

何もせずとも資産が目減りする可能性があるとはどういう事か

「貯蓄は資産が減らず安全」と、誤った認識をしている方が多くいます。見た目は減っていませんが、価値は毎年減価しています。
物価上昇率について、2018年日本は1%を超えて来ていますが、銀行の定期預金の利率は平均で0.02%です。つまり、生活していて売られているものが1%以上価格が上昇しているのに、貯蓄は0.02%しか増えないのです。
実質自分が持っているお金は、買える量が減っているため減価しているということになります。数字が減っていなければ安心できるように感じますが、これだけ物価上昇が遅い国も珍しく、上昇が始まれば2%以上で上昇します。必ず資産運用は、必須の時代というのは理解してください。

ゼロ金利政策により何が起きたか

投資の基礎知識

3つの基本項目を理解しよう

収益性ですが、これは 一定期間(例えば1年や5年、10年の間)にどれくらいの利益を出してくれるか 、ということです。収益性だけを取ってみれば、高ければ高いほど良いのですが、一方で収益性のみを追求していくと安全性が低下し、リスクが高まることが一般的です。つまり、大きく稼ごうとすればそれだけ大きく損する可能性を背負うということになります。特に、短期間で大きく稼ぐことを狙う場合には、長期的にやっていれば儲かった方法でも、うまくいかない場合があります。

また、流動性の概念も重要です。これは、お金が必要になった時に、その投資をやめていつでも現金にできるか、ということを示す概念です。これが低いと、やめたいときにやめられないため、一般的に 流動性は高ければ高いほどよい投資商品 と言われます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる