テクニカル分析の基礎

ストップロスとは何ですか

ストップロスとは何ですか
ストップロスとは何ですか ※マネースクエア公式HPより

ショートカバーで銅反発?

2018年2月16日 11:00 日頃は大変お世話になっております。 守谷営業所事務担当の久保です。 日頃、銅相場の動向をチェックしていると困ることがあります。 「ショートカバーの買いで銅が反発」 こんな記事に出会うと、まず「ショートカバー」の言葉の意味を調べるところから始めなくてはいけないので困っています。 銅相場の記事には、「ショートカバー」とか「ストップロス」とか、普段使い慣れないカタカナ語が数多く出てくるので、何度か調べたことがあっても、やっぱり不安になって、また調べています。 ロンドン金属取引所(LME)やニューヨーク商品取引所(COMEX)での銅取引は、先物取引が中心ですので、やはり先物取引に使われるカタカナ語が多く使われているようです。 先物取引に使われる用語は、商品先物取引だけではなく、株式の先物や、特に最近ではFXとして知られる外国為替証拠金取引にも使われていますから、そこでなじみのある方もいらっしゃるかも知れません。 さて「ショートカバー」という言葉を調べると、まず「ショート」とは先物を売っている、いわゆる売り持ち状態のことで、反対に先物を買っている場合には「ロング」です。 この先相場が上がると思えば「ロング」を、下がると思えば「ショート」を選ぶことになります。 「ショートカバー」とは、この売り持ちを買い戻すこと、具体的には買い注文を出して精算することです。 下げ相場が続いてきて、相場がこの先はもう下がりづらいと思った時に、下げを期待して売り持ちしていた先物を精算する「ショートカバー」の買いは、時として相場反転のきっかけになるようです。 また上げ相場では、下げの期待をあきらめて損切りする「ショートカバー」の買いが、相場を一段と上げることもあります。 そうすると「ショートカバーの買いで銅が反発」というのは、『下げが続き、この先はもうあまり下がらないと考えた売り持ちの投資家が、利益を確定する買い注文を出したことで、銅相場が反発した。』ということになるのでしょうか。 では「ストップロス」も調べてみましょう。 「ストップ」は止めること、「ロス」は損失ですが、先物取引で「ストップロス」と言うと、自分の予想に反して相場が急変した場合に備えて、損失を広げないために入れておく注文のことになります。 「ストップロス注文」は、あらかじめ価格を決めた指値で行い、その価格まで相場が動くと、自動的に「損切り」してくれる仕組みです。 「ストップロスの買いを巻き込みながら銅は一段高」と言えば、『銅相場が急伸したことで、それを予想していなかった売り持ちの投資家があらかじめ入れておいた「ストップロス注文」の価格に達して、買い注文が成約し、相場がさらに上昇した。』ということです。 このように書いてみると、親切かも知れませんが、どうも文章が長すぎると感じます。 やはり多少はカタカナ語を知って、使いこなす方が良いのかも知れません。 今後もいろいろな観点から「銅相場」を学んでいきたいと思います。

トラリピとループイフダンを徹底比較☆~2つの違いは?どっちがいいの?~

ストップロスとは何ですか ※マネースクエア公式HPより

上の図でいうと、 赤い点 どうしの間隔が買うときの値幅・ 赤の点 と 青の点 のあいだが売るときの値幅です。

値幅はループイフダンが選択制で、トラリピは細かく設定できます。

※マネースクエア公式HPより

FX超初心者の場合、 悩んでしまって永遠に始められなかったり・とんでもない設定にしてしまう… なんてことも。

  • 難しいことは抜きにしたい!→アイネット証券のループイフダン
  • 自分で細かく戦略をたてたい→マネースクエア のトラリピ

4.レンジの設定|トラリピのみ

『レンジ』を設定できるのは トラリピのみ です。

何円~何円のあいだでトラリピを動かします!という設定ができるんです。

これ以上値下がりしたら買わないで!ができるってこと!

  • トラリピでは『範囲』
  • ループイフダンでは『最低ライン』

5.通貨ペア|ループイフダンの方が多い

  • トラリピ→15種類
  • ループイフダン→20種類
  • 米ドル/円
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • ユーロ/英ポンド
  • 豪ドル/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/円
  • NZドル/米ドル
  • カナダドル/円
  • 英ポンド/円
  • 英ポンド/米ドル
  • トルコリラ/円
  • 南アフリカランド/円
  • メキシコペソ/円
  • 豪ドル/NZドル
  • スイスフラン/円
  • 豪ドル/スイスフラン
  • ユーロ/豪ドル
  • 米ドル/カナダドル
  • 米ドル/スイスフラン

6.決済トレール|トラリピのみ

『決済トレール』という機能が使えるのは、トラリピのみです。

※マネースクエア公式HPより

トレールなしだったら計1800円だったはずのポジションが計6000円くらいになっててしゅごい(꒪˙꒳˙꒪ )💞
いつもこうはいかないだろうけど、たのし〜🎉🎉🎉#トラリピ pic.twitter.com/dRoP5yrLng

— ミーコ🐰投資をするウサギ (@miiko_rabbit) June 3, 2020

ただ決済トレールによって、むしろ利益を取り逃す場合もあるので注意が必要です。(こちらでくわしく解説しています!)

ストップロスとは何ですか

お問い合わせは052-910-0550

理事長BLOG

リグロスとは?歯周病の再生療法って?費用は?

①リグロスって何?
リグロス」とは、歯周病の治療に使われる薬剤です。歯周病の治療薬は多数ありますが、手術が必要に
なりますが、リグロスを歯槽骨に塗るように注入することによって歯の組織の再生を期待できます。

②歯周病の再生療法って何?
まず再生療法ですが、失われた組織を再生させる医学を再生医学といいます。
その治療を再生療法といいます。
歯周病の場合、歯周病により歯周組織が破壊されます。わかりやすく言いますと、
歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨に囲まれていますがその骨が溶けていき
歯がぐらぐらになって噛みにくくなったり最終的には歯が抜けてしまいます。
リグロスを塗布することで、細胞が再生され歯槽骨が再生することが期待できます。

③リグロスの方法は?
リグロスを注入するには歯周外科という手術を行わないとできません。
またこれは歯周病治療の1つであり、歯周病治療の流れに沿って行うものですので
初診(しょしん)といって初めてご来院されたときにできるものではありません。
歯石を取る治療や検査を経てから行いますので、あくまで目安ですが1週間に
1回ご来院されたとして3~4か月目に行うようなイメージです。
また手術といいますとこわいイメージがありますが麻酔をしっかりしますし
腫れる事もありますが歯茎は血管が多く治りやすい組織ですので、比較的
早く治癒します。それよりも歯周病の進むリスクの方がよくないと思います。


画像は左側の骨がかなり吸収しています。


画像の注射器から出ている薬がリグロスです。
人工骨と混ぜて使用します。


リグロスを注入しているところです。


縫合が終了したところです。


7か月後のレントゲンです。青色の部分が骨が再生しています。

④リグロスの費用は?
リグロスの費用は健康保険が適応されます。自己負担3割の方で8,000円ぐらいとなります。
そのほかに初診・再診料、手術費用、レントゲン撮影費用などがかかります。

まとめ ストップロスとは何ですか
リグロスは失われた歯周組織を再生する事が期待できます。
原則手術となります。また歯周病治療に通院した上での手術となります。
費用は8,000円のほかに再診料やレントゲン費用などかかります。 ストップロスとは何ですか
お気軽にご相談下さい。

【完全版】MT5トレーリングストップの設定方法、使い方とテクニックを伝授

mt5 トレーリングストップ

mt5 トレーリングストップ

そこから何ポイント下がったら利益確定するのかという設定が出来ます。

ポイント数で表示されていますが、20ポイントだったら、2Pipsという意味です。

スマホでは使えないのか

スマホでは自動でトレーリングストップは行えません。

MT5,トレール,スマホ,MT4,注文,トレーリングストップ チャート iPad

トレーリングストップで気を付けること

トレーリングストップは便利ですが、手動で決済したほうが利益を多く取れる可能性もあります。

ちなみにトレーリングストップを使う時はMT5を閉じてしまうと、その時点で決済逆指値となり自動でポイントが上昇しなくなります。トレーリングストップはリアルタイムで取引するものと覚えておきましょう。

【FX初心者必見】絶対にやってはいけない!負けFXトレーダーが犯すミス7選

オリバー・ペレス:デイトレード

この本はFXデイトレーダーとしての心構えについて解説しているものですが、その中で語られている「トレーディングにおける7つの大罪」をベースに記事内で解説します。

7つの大罪①:すぐに損切りできないこと
7つの大罪②:利益を勘定すること
7つの大罪③:時間軸を変更すること
7つの大罪④:より多くを知ろうとすること
7つの大罪⑤:過度に自己満足に陥ること
7つの大罪⑥:間違った勝ち方をすること
7つの大罪⑦:正当化

7つの大罪①:損切りできないこと

どうして損切りをする必要があるのでしょうか?
それは、相場に生き残り続けるためです。

投機家ジョージ・ソロス氏の名言に「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ」という言葉があるほどです。

エントリー時はストップロス(強制損切りライン)を入れて「ここで損切りする」と決めても、いざ含み損を抱えると「いや、このラインまでなら大丈夫」と急に根拠を変えてストップロスのラインをずらす。
もしくは「そろそろ反発する」と考えナンピンを繰り返し…気がつけば口座の資金は0に。

損切りできない時=そもそもエントリー根拠が固まっていない

というのが根本ですが、損切りが出来ない理由は多くの場合感情に起因していると私は考えます。

損切りが出来ない=プロスペクト理論に翻弄されている
このプロスペクト理論という言葉、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

プロスペクト理論とは、簡潔に説明すると、人間は損失を全力で回避する傾向にあることです。

「コインを1回投げて表が出れば10万円を得られる、裏が出れば10万円を失う」

期待値は±0円です。
しかし、きっと多くの方は乗らないのではないでしょうか?
なぜなら、今持っている10万円を失う恐怖心に囚われるからです。

「コインを1回投げて表が出れば100万円を得られる、裏が出れば100万円を失う」

同じく期待値±0です。

しかしこの状況下では「どうせ借金100万円あるなら、200万円になったところで同じだ!一か八かで勝負しよう」
と思い、乗っかる方が多いはずです。

含み損が発生すると
いますぐ含み損を解消したい
・ここで損切りすれば、損失が確定…せめて建値(エントリー時の価格)まで戻ってきたら逃げよう
・これ以上含み損が大きくなるリスクよりも、1秒でも早く含み益に持っていきたい、だからナンピンだ!

相場から退場すると何が問題なのでしょうか?
・次の資金が貯まるまでFX市場に参加できない→相場から勉強する機会の損失
・次に絶好のエントリーポイントがきても参加できない→利益の機会損失
・退場することに慣れ、再び同じ過ちを繰り返す

【対策3選】7つの大罪①:損切りできないこと

損切りできない対策法3選
①プロスペクト理論を理解し、損切りができない原因を知る
②ストップロスを必ず設定。そして絶対に動かさない!
③どうしてもすべて損切りできないのであれば、半分を損切りする

そして、②と③に関してですが、エントリー時にはどのようなトレードであれ「ストップロス(強制損切りライン)」を必ず設定するべきです。

ストップロスを動かす=エントリー根拠が定まっていない
裏を返せば、ストップロスを動かすほどの根拠であればそもそもエントリーをしてはいけないといえます。

損切りが出来ない癖が染み付いている方は、まず「半分損切り」から始めて徐々に慣らしていくことをおすすめします。

7つの大罪②:利益を勘定すること

「長く持ち続けたポジションがやっと含み損から含み益に変わった、利益は少しだけどまた含み益を抱えるのは嫌だから利確してしまおう」
このように考えて利確した直後に相場が急騰「あの時もう少しだけ持っておけば…」

ポジションを手仕舞った際瞬間に急騰してしまうのもプロスペクト理論が起因しているのですが、最大の原因は「利益の数字を気にしすぎているから」なのです。

特に大きなロットを貼ったときに起こりがちなのですが、ポジションを持った際に青文字の含み益が増えていくのを見ていると「はやく利確して利益を自分のものにしたい」と思ってしまうんですよね…

その結果何が起きるかというと、「コツコツドカン」です。

1.含み益が出るとすぐに利確→コツコツ
2.含み損がでると損切り位置をずらしてしまう→ドカン

【対策3選】7つの大罪②:利益を勘定すること

利益を気にしすぎて値幅が取れない方の対策方法3選
①ストップロスとともにテイクプロフィット(強制利益確定ライン)ストップロスとは何ですか を設定
②エントリー後は利益を見ず、機械のごとく見守る
③それでもすぐに利益を確定してしまう方は半分利確する

「損切りライン(ストップロス)」「利確ライン(テイクプロフィット)」の2つです。

先ほどは根拠を持って損切りラインを設定することの大切さを説明しましたが、同じように根拠をもって利確ラインを設定しましょう。

プロトレーダーの中にはテイクプロフィットを設定せず、値動きから大衆の心理を読み取る方法を使う方もいますが、慣れないうちはテイクプロフィットを設定するのがおすすめです。

・直近の高値・安値
・意識されている水平線(レジスタンスライン・サポートライン)
・意識されている移動平均線
・ボリンジャーバンドの2α、3αライン
・フィボナッチ・リトレースメント(38.2%、50%、61.8%)

②、③に関しては、実際に「ストップロス」「テイクプロフィット」を決めてエントリーした後は、決してラインを動かすことなく機械的に見守ります。

上手く戦って戦争に勝てば、戦利品は自然についてきます。

7つの大罪③:時間軸を変更すること

例えば日足、4時間足を使って全体の方向感を上向きに捉えたとします。

そして15分足のサポートラインを用いて下方向への支えを根拠にエントリー。ここまでは良い流れです。

ここで時間足をずらして4時間足でみるとトレンドラインに支えられているから損切り幅を20pips下にずらす。

それでも下がってしまったが、日足で見ると本日の安値を更新していないため、もう20pips下にずらす。

また、同じ時間軸とはいえども、根拠に用いていないテクニカル指標を引っ張ってきて損切りラインを変更するのも同じく厳禁。

【対策2選】7つの大罪③:時間軸を変更すること

時間軸の変更=エントリー根拠の否定

仮に運良く利益が出たとしても「何で勝てたんだろう…」と成長にはつながらず。

7つの大罪④:より多くを知ろうとすること

1.米国金利が上昇したから、ドルを買うもすぐにドル価格が下落した
2.「水平線」「チャートパターン」「トレンドライン」が絶好に揃った状態!けれどもRSIの値が悪いからエントリーを控えよう…結果→利益を逃した

ファンダ分析には「経済指標」「金融政策(金利)」「政治」など様々ありますが、ファンダ情報ばかりを追いかけていてもきりがありません。

なぜなら、Buy the rumor sell the fact(噂で買って事実で売れ)という言葉があるように、ファンダ要素は事前に相場の中に織り込むからです。

そのため、私はファンダ材料はあくまで大きな相場の流れとして捉え、エントリーはテクニカル分析を用いて行うようにしております。

トレードスタイルにもよりますが、「スキャルピング~デイトレード」であればテクニカル分析を極めれば十分です。

なぜなら、テクニカル指標の種類が多く、すべてのテクニカル指標がエントリー根拠に当てはまることはほぼあり得ないからです。

例えばあなたが5つのテクニカル指標を基準にトレードをするとして、「5つすべて当てはまるまでエントリーしない。」というのはかなり難しいです。

上記の理由から、「必要な情報のみに絞る」ことをすればトレードの勝率アップに繋がりますよ!

【対策2選】7つの大罪④:より多くを知ろうとすること

情報に惑わされないための対策方法2選
①ファンダよりもテクニカル重視
②使うテクニカル指標を絞る

慣れないうちは
・水平線
・トレンド系1つ(移動平均線等)
・オシレーター系1つ(MACD等)

7つの大罪⑤:過度に自己満足に陥ること

連勝が続く時こそ気を引き締めようということです。

「これはまだまだ稼げるぞ」

【対策3選】7つの大罪⑤:過度に自己満足に陥ること

自己満足に陥らないための対策方法3選
①連勝が続いている時こそ気を引き締める
②連勝中でも相場分析・振り返りはいつも通りに
③連勝中は取引回数やロット数を減らすのも良い

対策①に関しては「連勝が続いて利益が出ている相場こそ慎重に」を意識しましょう。

また、対策②に関してですが、連勝続きの時でも必ずトレードスタイルを乱さないように注意することです。

対策①と共通する部分もありますが、連勝中は「いまなら何をしても勝てる」と考えて「極端に大きなロット」「本来のエントリー根拠ではない場所でのエントリー」をして失敗するトレーダーをたくさん見てきました。

調子が良い時でもやることは同じ。トレードルールを守って、適切な資金管理を続けていけば口座残高も安定して増えていくでしょう。

また、対策の③ですが連勝中はあえてロット数やエントリー回数を減らすというのも良いですね。

連勝中に大きなロットを負けてしまうと、連勝中の嬉しい気分が一気に崩れ、取り返そうと必死になってしまいがち。

もちろん運良く救われる場合もありますが、長期的にFXで利益を積み上げるのであればいつか通用しなくなります。

7つの大罪⑥:間違った勝ち方をすること

間違った勝ち方で得た利益は、利益どころか長期的に見ると実はただの損失であった可能性が高いです。

移動平均線を根拠に5分足でドル円を買いでエントリー、損切り位置は移動平均線の10pips下に設定をした。
しかしチャートは思うように動かず逆行。移動平均線を割って損切り位置付近に近づいてくる。
しかしどうしても負けを認めたくない4時間足の水平線が近くにあることを後付でエントリー根拠とし、損切り幅をもう20pips下にずらす。
その結果、最初の損切り位置は割ったものの、後から付け足した損切り位置の手前で反発し、利確に成功。
こうして一時的な利益を得る。

なぜなら、「損切り幅をずらして勝てた」という間違った成功体験を掴んでしまっているからです。

このように根拠を後付けで損切り幅を大きくするトレーダーは、短期的に勝率が上がったとしても、リスクリワード(利益と損失の割合)が悪くなり、結果としてドカンと資金の大半を失うハメになります。

上の例で話せば、後付けで4時間足の水平線を用いるくらいであればそもそも最初から4時間足の水平線付近まで引き付けるのが正しいエントリーのやり方です。

これが「間違った勝ち方で短期的に利益を得たとしても、長期的に見るとそれは利益ではなく損失である」という理由です。

【対策2選】7つの大罪⑥:過度に自己満足に陥ること

自己満足に陥らないための対策方法2選
①トレードはどんな結果であれ必ず振り返る
②2つのHの罠に気をつける

1.エントリー根拠は何だったか
2.途中で損切りを変更したり、無駄なナンピンをしたりしていないか
3.エントリー後の相場の動き
4.エントリー時の環境認識
5.ストップロスとは何ですか 以上をふまえたうえでの反省点

中でも2を守れていないのにかからわず利益が出た場合、それは間違った勝ち方あるといえます。

結果に一喜一憂したい気持ちもわかりますが、まずは勝つべくして勝つことができたトレードであるかどうかを毎回振り返ることが最重要です。

まずHoping(希望を持つこと)ですが、ここでいう希望とは、「エントリー根拠が破綻しているのにトレードが成功する可能性に希望を持っている」ということです。

万が一勝ったとしてもこれは間違った勝ち方であり、長続きはしないでしょう。

エントリー根拠が破綻した場合は潔く撤退すること

7つの大罪⑦:正当化

損切り位置をずらしたり、負けが続いた後にハイレバレッジトレードをしたりするなど、普段のルールを守れない原因のほとんどが「正当化」です。

次のトレードにつながらない

【対策2選】7つの大罪⑦:正当化

正当化しないための対策方法2選
①負けトレードを認める
②トレードの根拠を後付けしない

そして何より重要なのが、対策②のエントリー根拠を後付けしないということです。

エントリー根拠の追加=既存のエントリー根拠破綻に対する正当化

そのためにも、1回のトレードをプラスで終えたいがために無理やりエントリー根拠を探すのではなく、最初に決めた損切りラインで切ってしまうことが何よりも重要。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる